FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Latest Entries

週刊ロビ2 74号~赤外線リモコンボードをつけるよ~

2018/12/09 23:26



今回のロビ2は74号が届きました!

ロビ2 74号1

今年最後のロビとなります。
75号からは来年届きます。
遂に74号まで来ましたね。
後6号で完成と思うと、ワクワクしています。

74号の冊子ですが・・・
【ロボットと科学の未来】
インテリアとロボット、デザインの細部までのこだわりとは・・・という事で片山正道さんとの対談 前編です。
この方は、ラグジュアリーカーブランド・レクサスのブランディングスペースインターセクト・バイ・レクサスやユニクロのグローバル旗艦店を手掛けたインテリアデザイナーとして世界中のプロジェクトに参加されています。
ここでは、細部までのこだわり、ドアノブ1つ選ぶのもこだわるとか、ネット時代に求められる新たなデザインの要素などについて書かれています。
対談とはあまり関係ないのですが、ロビの声はピカチューやワンピースのチョッパーの声をしている大谷育江さんが担当されています。
今まで、あいうえおと単品で声を録音して機械的に組み合わせて声を作っているのかなって思っていたんですが、全部のセリフを収録されて作られているんです。
凄い量の収録ですよね・・・。なので、あんなに綺麗な声でしゃべることが出来るんだってびっくりしました。

【ロビ・メカニズム事典】
ロボットの動きや性格を形作るプログラミングについて書かれています。
ここではロビのプログラミングの秘密も書かれていて、高橋さんにインタビューしたところ、ロビには無駄な動きを入れるようにしていると・・・。
工場のロボットは無駄のない単純な動きをしないといけないけど、実際の人間の動きは、物をつかもうと思って通り過ぎてしまったりと余分な動作が入るので、それを意図して再現されているんです。
なんか意外やなって思いましたね。

【にっぽん全国ロビさんぽ】
島根県 鬼の舌震にロビとキューボが訪れています。
出雲国風土記にワニが姫を慕って川をさかのぼったという逸話があり、「ワニのしたふ」がなまって鬼の下震になったと言われています。

ロビ2 74号2

今回の製作は赤外線リモコンボードを取り付けました。
右目がまだ付いていなかったので、今回の号で付くのかと思いきや、まだ付いていません。


今回の製作動画はコチラ↓



[編集]
関連記事

週刊ロビ2 72号・73号~ロビの胴体が付くよ~

2018/11/27 22:44



ロビ2 今回は72号と73号が届きました!
来年の2月には完成と思っていましたが、予定が変更になって3月で完成となります。
ロビのバッグやルームも登場して来たので、ますます完成が楽しみになってきますね!
では、今回の中身を見ていきましょう(*´ω`*)


ロビ2 72・73号1

【ロビ2 72号】
ロビ・メカニズム事典
ロボットのこれまでとこれから①
ロボットが初めて登場したのは1960年。もちろん私はまだ生まれていませんが、誕生から1世紀もたっていない産業用ロボットは、今や私たちの生活になくてはならない存在になってきています。
今回からの号でロボットの歴史について書かれています。

ロボットデザインの裏側
シンカリオンをデザインされた服部恵太さんのお話が書かれていました。
シンカリオンは新幹線がロボットに変形する新幹線変形ロボなんです。
2018年テレビアニメと書かれていたので、知ってる人もいるのでは・・・?
私はこの冊子で知りましたw

にっぽん全国ロビさんぽ
愛知県の文化のみち二葉館にキューボとロビが訪れています。
大正ロマン・・・こういう昔っぽい感じ嫌いじゃないです。
たまにはこういう所にも行ってみたいなって思いますね。

ロビ2 72・73号3

72号は、マイクボードを取り付けました。

ロビ2 72・73号2


【ロビ2 73号】

にっぽん全国ロビさんぽ
岐阜県の食品サンプル創作館さんぷる工房にロビとキューボが遊びに来ました。
いやー・・・食品サンプルってずーっと見てても飽きないですよね・・・。
子供の頃この食品サンプルはどうやってできてるんやろ?ってめっちゃ不思議やったんですよね。
小さい頃は、本物を固めてるんかなって思ってましたw
エアブラシで塗装している写真やのびーるアイス、ラーメンの食品サンプルの写真が載っていました。
ここでは、予約すると実際に食品サンプル作りを体験できるんですって。
楽しそうですよねー。

ロビ・メカニズム事典
ロボットのこれまでとこれから②
72号に続いて、今回はパート2という事で、人間の相棒としてのロボットへ・・・
二足歩行ロボットの登場とロボット研究開発の活性化等について書かれています。
個人的にちょっとこれ、面白いなと思ったのが、人に似せるほど不気味になる「不気味の谷」があるんですって。
今の人型ロボットって遠くから見たら人間か人かたまに分からないくらい良く出来てるな・・・って思うロボットいるじゃないですか。
将来、あれ・・・?さっき一緒に喋ってたのってロボット?人間?ってくらい分からないレベルのロボットが出てくるのかなってワクワクなような怖いような・・・。

特別企画
ロビ関連の新アイテム続報!
という事で、出ましたよ!
ロビ専用バックパック、ロビキャリングケース、ロビルームの予約が!
しかも完全受注生産なので、これを逃すともう手に入らないんです。
私はロビルームを早速予約しましたよー♪

お届けは来年の3月下旬なので届き次第、動画の方でアップしようと思っています。

ロビ2 72・73号4

73号では、ついに左右の体がくっつきました!
そしてBluetoothボードを取り付けています。

今回の製作動画はコチラ↓




[編集]
関連記事

WR-02CB Vol.7~ボディ完成&試走行動画~

2018/11/19 23:54


RC WR-02CB コミカルグラスホッパーの続きを組み立てます。
前回シャーシが完成したので、今回はボディの塗装をします。

wrー02cb-115

まずはポリカボディをカットします。
カットするときに使っているハサミは、タミヤ クラフトツール 曲線バサミという道具です。
これは、刃先が丸くなっているので、曲線をカットしやすいです。

wrー02cb-116

洗剤で洗って、しっかり乾かしてから、プレペイントクリーナー(ポリカーボネート用)で、皮脂汚れや洗剤の流し忘れをチェックしながら拭きます。
マスキングは、窓の部分だけ貼るのですが、ステッカーがこないラインに合わせて貼っています。

今回塗装は1色でPS-6 イエローを塗っていきます。

wrー02cb-117

塗装してステッカーを貼りました。

wrー02cb-118

曲面部分はステッカーが貼りにくいので、いったん貼れたらドライヤーの熱で温めます。
熱い!って思うくらい熱した後すぐにステッカーを伸ばしてボディに密着させます。
すると曲面部分に空気が入らず綺麗に貼ることが出来ます。

ボディに穴をあけてライトもつけています。

wrー02cb-119

シャーシに取り付けると、こんな感じです。
今回人形は載せていませんが、おいおい塗装して作っていこうと思います。
寒くなってきたので、だんだんスプレー缶の塗装が難しくなってきました💦
スプレー缶を温めてから塗装しないと、色が白っぽくなってしまいます。

人形だけの塗装動画を作ろうかな・・・なんて考えたりも。

というわけで、今回の動画はコチラです。





[編集]
関連記事

WR-02CB Vol.6~シャーシ完成~

2018/11/18 21:15


RC WR-02CB コミカルグラスホッパーの続きを組み立てます。

wrー02cb-90

【説明書⑮ダンパーオイルの取り付け】
前回組み立てたダンパーオイルを取り付けます。
ピローボール部分につける時、ペンチで付けると傷がつくので、私は素手で取り付けています。
タミヤ クラフトツールシリーズ No.65 ノンスクラッチ ラジオペンチ プラモデル用工具を使うと、ペンチの先にプラスチックが付いているので、シャーシに傷が付きにくいです。

wrー02cb-93

因みにアルミダンパーの黒いパーツ部分、指を指してるところですが、ここで車高調整をすることが出来ます。

wrー02cb-94

【説明書⑯ギヤケースの取り付け】
ビスで止めてリヤとフロントを接合します。
一応オプション色々付けているんですが、あんまり見た目では分かりにくいですよね。
この時点でほぼほぼシャーシが完成に近づいてきました!

wrー02cb-95

【説明書⑰リヤボディマウントの取り付け】
オプションでLEDライトを付けようと思います。
イーグル模型 5mmエディショナルLEDライトセット(2灯) レッド 品番NLD05LP-RE
リヤなので赤のLEDを使います。
球の大きさは5φなので大きいのを買わないようにご注意ください。

wrー02cb-96

コチラ、袋が無いのですがイーグル模型 5mmエディショナルLEDライトセット(2灯) ホワイト 品番NLD05LP-WIもあります。

wrー02cb-97

イーグル・ドリフトLEDライトシステム (フラッシュ回路付) :1/10カー用 LED-06も用意しておきます。
ただ説明書が無いので分からないのですが、アクセルとブレーキだけ光ってくれたらいいかなと思っています。

wrー02cb-99

というわけで付きました!

wrー02cb-98

配線ですが、人形がまだどの位置に付くか分からないので、邪魔にならないようにテープで仮止めしています。

wrー02cb-102

【説明書⑱フロントボディマウントの取り付け】
ボディマウントですが、予備なのか他の物に使えるのか、4つ付いていました。
が、ここでは2つしか使わないので、リヤの時と同じように付けます。
因みに、フロントのボディマウントは従来のWR-02と取り付ける位置が変わっています。

wrー02cb-110

【説明書⑲サイドフレームの取り付け】
サイドフレームですが、左右で向きが違うので取り付ける際、確認しましょう。
プラパーツが軟らかいので、ネジ穴を潰さないように、注意します。

wrー02cb-101

L2のパーツですが、2カ所ネジで留めます。
一つはシャーシと一緒に止まるのでまず最初にシャーシに取り付けてから、後の箇所を止めるようにしています。
LEDライトを付けている方は配線にテンションがかからないようにして、ネジで固定していましょう。

wrー02cb-107 - コピー

【説明書⑳RCメカの搭載例】
アンプですが、ハンダをして線を変えました。

wrー02cb-108 - コピー

モーターと直接線を繋げた方が電気がストレスなく流れます。

wrー02cb-109

普通の接続方法だと端子が焼けてしまうので、モーターと直結するために太い線に変えています。

wrー02cb-111

アンテナは1本長いものが付属されているので、半分に折ってニッパーでカットしておきます。
カット出来たら、プラパーツをネジで固定してアンテナパイプを付けます。

wrー02cb-103

【説明書㉑ホイールの組み立て】
まず最初にホイールを組み立てます。
ホイールの深い方から緑のパーツを差し込んで、浅い方からネジで固定します。
ネジで固定出来たら、緑のパーツと白いホイールパーツがつらいちになります。

wrー02cb-104

リヤタイヤはパターンがあるので、逆につけないようにしましょう。

wrー02cb-105

【説明書㉓ホイールの取り付け】
OP-569 クランプ式アルミホイールハブ (6mm厚)
9mm厚は使えないので、注意してくださいね。

wrー02cb-106

フロントタイヤとリヤのタイヤ少しガタがあったので、5φのシムを入れます。
OP-587 φ5mmシムセット
これを使っています。
リヤ:0.5mm分のシム
フロント:0.8m分のシム
を一つずつ入れて隙間を調整します。
調整するときに、ガタは取れても動きが悪かったり動かなかったりすると意味が無いので動きがスムーズになっているかチェックします。

wrー02cb-112

【説明書㉔フロントバンパーの取り付け】
バンパーは3種類合って、従来の物が2つ、新しくなったものが1つあります。
今回は新しくなったバンパーを付けます。

wrー02cb-113

【説明書㉕走行用バッテリーの搭載】
バッテリーは後から載せるので、マフラーを取り付けます。
マフラーは、TS-17 アルミシルバーで塗装しています。
バリが残りやすいので、多めにカットしてからヤスリで削っています。

wrー02cb-114

一応これでシャーシの完成です。
次回はボディに取り掛かります!

今回の組み立て動画





[編集]
関連記事

WR-02CB Vol.5~OP.1670 GF-01 アルミオイルダンパーセットの組み立て~

2018/11/18 12:08


RC WR-02CB コミカルグラスホッパー、今回はOP.1670 GF-01 アルミオイルダンパーセットの組み立てをします。

wrー02cb-79

まず、オイルダンパーを組み立てる前に、昔のオイルダンパーのお話を少ししますね。
上の写真に写っている穴が1~3つ開いているパーツがあります。
これでオイルの流れる量を調節できます。
1つしか穴が開いていないとオイルの流れる量は少ないですが、3つ開いているとオイルの流れも良くなります。
ただ、これには欠点があります。
オイルのシリンダーを作る時、プラスチックの製造過程で穴が台形の形をしています。

wrー02cb-86

下にダンパーシャフトが下がっている状態では、そんなに隙間はないですが・・・

wrー02cb-87

上にダンパーシャフトが上がった時は、結構隙間が空いています。
これは写真では分かりにくいですが、シリンダーの上下でオイルの流れのバラつきが出てしまうので、きっちり作れないんです。

wrー02cb-85

それで、上の写真のオイルシャフトに変わったと友達から教えてもらいました。
(諸説ありです。)

wrー02cb-84

素の状態でオイルダンパーを組むと黒のOリングが入ります。
私の中で黒のOリングって、アクスルシャフトの隙間を埋めたり、ボディのミラーやライトを止めたりするのに使ってる印象が強くて、本来オイルダンパーには赤のOリングを使うと思っているんですよね。
正直、どっちももう一つで、ひび割れや膨張したりするので、このままでは使いたくないです。

車ってタイヤが一番でその次に大事なんが、足まわり・・・ダンパーオイルやと思うんですよね。
それが、ゴムの劣化やオイル漏れになるとどうなるでしょか・・・。
ゴムが硬くなって動きが渋なったら、せっかくのオイルダンパーが台無しですよね。

wrー02cb-80

そこで用意するのがTRFパーツ 42129 VGダンパーグリス

ダンシングライダーの時に購入して結局使わなかったんですが、今回初めて使います。
これは赤のOリングに塗ってもひび割れ防止になるし動きも良くなります。

wrー02cb-82

今回はCVAダンパーでは組み立てず、OP.1670 GF-01 アルミオイルダンパーセットを使います。
これに変えると、精度が上がってより滑らかにダンパーが動き、車高調整も容易になるので、細かく高さの調整も出来ます。
このセットの中に赤のOリングが入っているので、変更します。

wrー02cb-81

TRFシリーズ オイルダンパー用コンペティションOリング 42137
これは、プラスチックのオイルダンパーに使っても見違えるほど効果があります。

wrー02cb-83

アルミオイルダンパーにはコイルスプリングが付いていないので、WR-02CBに付いているスプリングを使うか・・・

TRF501X セッティングスプリングセット

OP.974 TRF501X セッティングスプリングFを使います。
これはバネの硬さを変更してセッティング用に使うものです。
コンクリートと砂地では、グリップが全然変わるので、ダンパーセットで、硬さを変更してみると楽しいです。
加速が良くなったり、曲がるようになったり、その反対も有ります。

色々オプションを紹介しましたが、今回使うパーツは・・・
OP.1670 GF-01 アルミオイルダンパーセット
TRFシリーズ オイルダンパー用コンペティションOリング 42137
TRFパーツ 42129 VGダンパーグリス

コチラで組み立てます。

アルミオイルダンパーの組み立てはWR-02用で組んでいきますが、最後のピローボールを取り付けるところはもう既にシャーシに付いているので、省きます。

では、実際に組み立てているところは動画でご覧ください。



[編集]
関連記事


大切なお友達のブログ

マウスを重ねると紹介文が出ます。

★Tom's Moderu ラヂコン記

★プンの マジメ と ゆるゆる の あいだ

★うさの羊毛ハンドメイド

最新動画情報

マイページ人気

 

お買い物は楽天で!

カスタムCSS

プロフィール

  うさぎゆう
ご訪問ありがとうございます♪
うさぎゆうです🐰
ミニ四駆、ラジコン、ドローン、ステッカー、羊毛フェルト、フェイクスイーツetc..
私の趣味をゆるーく書いています📝
YouTubeもやってます☆彡チャンネル登録お願いします💛
【うさぎゆう】検索♪