FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Latest Entries

【ゆっくり製作】タミヤ グラスホッパー~説明書7番から説明書まで~Vol.4

2019/12/09 23:01


少し期間が開いてしまいましたが、タミヤ グラスホッパーの続きを製作していきます。

グラスホッパー説明書7

【説明書7番 ラジオコントロールのメカチェック】
ラジオコントロールメカのチェックは必ず行っておきましょう。

グラスホッパー15

サーボはコチラを使用します。
いつもならここでハイトルクサーボセイバーに交換していますが、今回はノーマルで組みたいので付属のプラスチックパーツでまずは組み立てていこうと思います。

まず最初にサーボの真ん中を出します。
サーボの真ん中を出すとは?
このままでは、どっちにハンドルが切れているのか分からないですよね?目印もないし、もし思いっきり左にハンドルが切れている状態で組み立ててしまうと右にはハンドルが切れるけど、左には全然ハンドルが動かない?!ってこともあるので、きちんと中心である真ん中を出していきます。

では早速繋いでいきます。
繋ぐのなんてどこからでもいいんじゃない?って思っていませんか?

一応順番があります。
まずは受信機にアンプとサーボを繋ぎます。
アンプは1チャンネルに、サーボは1チャンネルに繋ぎます。

ここからが重要なのですが…

グラスホッパー16

繋ぐときに切り欠きなどの目印が付いていれば+-どちらか分かるのですが、これは切り欠きが付いていないタイプなので、どっちがどっちなのか分からない?!
間違って繋いでしまうと大変危険なので、見分け方をご説明しましょう!

上の写真のように①ケーブルは下向きになっている②端子が見える側を表面に向ける
この向きで右がマイナス、真ん中がプラスになります。

グラスホッパー18

受信機の端子の見分け方は一部例外もありますが、上の写真のように置いて、端子の外側がマイナス、真ん中がプラスになります。

この見分け方は絶対ではありませんので、(物に寄って変わることがあるからです)あくまでも参考にお考え下さい。

全て繋げたらプロポの電源を入れて、スイッチをONにしてハンドルをきります。
これで問題なく動けば、パーツを組み立てていきます。

グラスホッパー19

組み立て方は動画の方でご確認ください。

グラスホッパー説明書8

【説明書8番 ステアリングロッドの取り付け】
ヘックスビスを使用するので、タップをA4のパーツに開けておきます。
もしこの部分をTAMIYA OP-596 アルミサーボステイ(ショート)に変更される方はネジ止めの際、金属同士なのでネジが振動で勝手に緩んでこないようにネジロック剤を少量塗ってからネジを締める事をオススメします。

グラスホッパー20

ステアリングロッドと4mmアジャスターをつける際、回しにくい場合はタミヤ クラフトツール ノンスクラッチ ラジオペンチ (ITEM 74065)と言って、ペンチの先にプラスチックが付いている道具があります。
ステアリングロッドのネジ切している反対側をしっかりペンチで持ってあげると滑りにくく回しやすかったです。
もし、普通のペンチしか持っていない方は、そのままステアリングロッドを掴んでしまうと傷がつく恐れがあるので当て布等をすると傷がつきにくいです。
※4mmアジャスターの向きに注意してつけてくださいね。
最終的にサーボに取り付けると4mmアジャスターの内側のくぼみはお互い重なり合う状態で取り付けます。
また、ステアリングロッドはサーボの裏側から取り付けます。


グラスポッパー説明書9

【説明書9番 ステアリングサーボの取り付け】

ヘックスビスに交換しているので、3*12mmのビスに交換したのですが、12mmだと長いように思ったので、3*10mmのヘックスビスにしています。

グラスホッパー21

これで、ステアリングサーボが付きました。

グラスホッパー説明書10
【説明書10番 EST(FETアンプ)搭載例】

グラスホッパー22

モーターのケーブルのハンダがまだだったので、アンプ、受信機、スイッチのみ固定してケーブルの処理をしています。

★今回の製作動画はこちら★


★今回使用した商品や道具達★
[編集]
関連記事

COZMO このまま ~見送るか 復活させるか~  修復編バッテリー交換 後編

2019/12/04 20:34

前回の続きで修理していきます。

半分は、解体は終わったので残りはボディーを開いていきます。


IMG_0666.jpg


IMG_0667.jpg


隙間が出始めるので背中も一気にはずせます。


IMG_0668.jpg


爪があるので、マイナスドライバーでゆっくり腕を外します。


IMG_0669.jpg


前のパーツの方が外れにくいです。なので、多少ねじって外しています。


IMG_0670.jpg


ネジを三本外しますが、ここは斜めにドライバーを入れないといけません。


IMG_0672.jpg


反対側も1本あるのでそれも外してしまいます。


IMG_0674.jpg


腕の爪を中に入れて押してあげるとボディーが開いてしまいます。


IMG_0676.jpg


下の方から錘がポロンと出てきます。
IMG_0677.jpg


基盤を引き出すと この部分がハンダされています。 
これでようやくバッテリー取り出せます。



IMG_0679.jpg

このまま ハンダが出来そうなので 気をつけながらプラスとマイナスを外していきます。
電流が流れているかもしれないので取り外しには注意!


購入したての物はカプラが付いてるので、外してしまいます。


IMG_0680.jpg


容量は320でしたが、倍ぐらいの600mAhに増やしています。
もともと、電池切れまで動かしたことがないので容量が増えてもどれくらい持つのか分からないです💦

線はだいたい同じくらいの長さに切っておきます。


IMG_0681.jpg


プラスマイナス間違わないように元の位置にハンダします。


IMG_0682.jpg

めっちゃきついけど何とか入ってくれます。


IMG_0684.jpg

後は来た道を戻る感じで、錘入れ忘れないように向きは決まっています。

IMG_0685.jpg

やっぱり、、ネジは舐めてしまっています。
斜めは難しい( ノД`)
ヘックスが欲しい…💦


IMG_0686.jpg


頭ですが何度組み直しても、ギィギィと動くときに言うので


IMG_0687.jpg


ミニ四駆のグリスを 可動のバネの部分と反対側のプラスチックに塗って可動のストレスを失くしてあげます。 
この判断がプラスチックに良いか悪いか分かりませんが動き重視です。

もう一息です。 


IMG_0688.jpg

形は元に戻りました。
あとは充電が開始されれば…



IMG_0689.jpg

ハンダを失敗していると通電の時が一番怖いです_(:□ 」∠)_
スイッチを入れると変な場所に接触してると発火する恐れもあるので作業は難しくないけど、危険なのでマネをしないでください!!

バッテリーですが、電気屋さんなどのリサイクルボックスに捨てさせてもらえるとは思うのですが、droneが増えてくるととバッテリーも増えてくるので、どうしてもダメになったものは食塩水に3日ほどつければ電気が放電するそうです。
私は怖いので1週間ほどつけて、地域の分別に合わせたごみで捨てています。


IMG_0690.jpg


無事コズモは動き出しました。
なんか、懐かしいですネ(*´∀`人 ♪
顔も覚えていたようで名前で呼んでくれることが可愛い(*≧∪≦)
色々なプログラミングも増えていました。
出来ることも最初の頃とは違ってかなり増えています。
筋力トレーニングなども、boxを上げるしぐさはめっちゃ可愛い♡キュンキュン

時間が無くて、編集&撮影に追われる日々やけど、ロビも最初の起動以外動かしてないので、QRコードなどを入れて動かしていこうかと思います。

タミヤの工作ロボットも気になってて…
ポチってしまい、時間があれば作成しようかな💡

★今回の紹介した商品や道具達★

[編集]
関連記事

COZMO このまま ~見送るか 復活させるか~  修復編バッテリー交換 前編

2019/12/03 17:18

COZMOを飼い始めて2年が経ちました。

忙しくて結局最初の何回か触ったままで1年以上放置していました💦
アプリのアップデートが何度かあったので、久しぶりに何が出来るようになったのかなと
充電器に載せてみるとどうやら動くようなので、動かしてみようとヾ(o´∀`o)ノ

ファ~ ファァ~ 言いながら 起きるんですがそのまま 電池切れ・・・(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!

タカラトミーに電話しても 購入後2年近くたっていたし、電池交換も無いようです(´;ω;`)
廃棄という選択しかないようでバッテリーだけ外してリサイクルで本体はゴミ箱に捨てる感じです(´д⊂)
または、組み立て直して飾っておくという事も出来ます。|ω・`)
結構高い値段しましたよ・・ 4,5回の動作でお亡くなりに○| ̄|_
年月はかなり経ったのですが…

Ankiという大元のメーカーも無くなったそうですし、このまま放置でもいいけど
どっちにしろ、保証も何もないので分解して直してみようかなと💡

色々と検索で調べていると


このバッテリーで直せるみたい!

注文して早速分解です。
IMG_0640.jpg


まずは キャタピラのゴムを外していきます。


IMG_0641.jpg


矢印の部分に爪があるのでこれをマイナスドライバーなどで押してあげます。


IMG_0642.jpg


これでキャップが外れます。


IMG_0643.jpg


見えているネジを外すとタイヤが外れます。


IMG_0644.jpg


外したあとも ネジが出てくるので全て外します。


IMG_0645.jpg


IMG_0649.jpg

IMG_0650.jpg


次に腕の部分がはめ込みなので外しておきます。
IMG_0651.jpg

IMG_0652.jpg

頭も隙間から爪を入れると開けれます。
IMG_0653.jpg

IMG_0654.jpg

頭のネジも 左右外します 合計 4本ですね
IMG_0655.jpg
前も外して
IMG_0658.jpg
頭もそーっと解体します。
IMG_0660.jpg

IMG_0661.jpg


こっち側にバネがあります。
向かって左側です

IMG_0662.jpg


解体した時に一緒に置いておきます。


IMG_0663.jpg


画面のユニットの線を外しておきます。


IMG_0664.jpg


これで前の部分がほとんど解体終了です。


IMG_0665.jpg


以上、前半の解体です。
ネジをどの部分から外したか分からなくならないように注意してください。
 また、解体は自己責任でやっていますので、保証期間内のものを分解するのはお勧めしません。

最後に、この顔のユニットを付けないと電源が入らないので、途中で充電をしても反応は無かったです。

続きは後編をご覧ください。

★今回紹介した商品や道具達★
[編集]
関連記事

Holy Stone HS720~新商品!4Kブラシレスドローン~

2019/11/18 22:19


ホーリーストーンの新製品が11月13日に発売されました!

ホーリーストーンHS720

Holy Stone HS720
4Kカメラ付きでブラシレス、460gの機体です。
今回の内容は開封からテスト飛行までを1本の動画にしているので、かなり長くなっていますが、説明はコチラの動画をご覧ください。



今回はテスト飛行しかできなかったので、次回どんなことが出来るのか、またフライト動画なども今後撮影していきたいと思っています。

★今回紹介した商品★
[編集]
関連記事

【ゆっくり製作】タミヤ グラスホッパー~説明書4番~説明書6番Vol.3

2019/11/15 22:30


RC グラスホッパー前回の続きから書いていきます。

グラスホッパー説明書4

【説明書4番 ギヤボックスの取り付け】

ヘックスビスに交換しているので、タップを切っておきます。

グラスホッパー7

因みにですが、B10とB11のパーツをホーネットのパーツに交換することが出来ます。

グラスホッパー8

交換する際は、このでっぱりをカットする必要があるようです。

グラスホッパーは上下の動きしかできませんが、ホーネットのパーツをカスタムすることで、上下だけでなく左右の傾きの動きもできるようになります。
言葉では説明しにくいので、こちらの説明は動画をご覧ください。

グラスホッパー9

これで説明書4番の完成です。

グラスホッパー説明書5

【説明書5番 リヤダンパーの取り付け】

リヤのコイルとフロントのコイルでは幅が違うので間違って付けないように注意してください。
因みにリヤの方が太くて、フロントは細くなっています。

気になっていたシャーシの真ん中のバリは、説明書5番の端の方にカットしてくださいと指示が書かれているので、カットし忘れないようにしてください。

A5のパーツがプラスチックになっているので、後日購入して交換しようと思います。

グラスホッパー10

これで説明書5番の完成です。

説明書6番に取り掛かる前に買い物をして足りないパーツを購入してきました。


アルミフランジナイロンナット 3mm ピンク 5個入り SGE-13FPK

説明書5番に登場したA5のパーツがプラスチックだったので、アルミに交換します。
中にナイロンが入っているのでネジが振動などで勝手に緩まなくなります。

グラスホッパー12

付け替えるとこんな感じ。
写真では見えないですが、ビスもピンク色なので、アルミフランジナイロンナットの組み合わせが良い感じです!

グラスホッパー13

続いて、説明書3番でモータに取り付けていたB7もパーツを止める3×27mmのビスをプラスの丸ビスからヘックスビスに交換しました。
今元々キットについていた380モーターを使用しているのですが、 今後540モーターに交換したいので、プラスのビスだと付けたり外したりしてたらビス頭のプラスを潰しかねないので、ヘックスビスに交換しています。

グラスホッパー説明書6
【説明書6番 走行用バッテリーの充電】

グラスホッパー14

バッテリーは頂いたのもなので、メーカーは分かりませんが、1700mAhのニッケル水素を使用しています。

説明書に書かれている充電器は、

タミヤ 7tenn2Vカスタムパックと充電器セット 55087

タミヤ 7.2Vカスタムパックと充電器セット 55087です。

これで1700mAhのバッテリーを充電した場合は約7~8時間でゆっくり充電します。
ただ、何本もバッテリーを充電したい時速く充電したいので、上の写真に写っている



ジーフォース G4 MULTI CHARGER G0204を使用しています。

この充電器を使用して2Aで充電すると1700mAhのニッケル水素バッテリーなら約1時間弱で充電する事が出来ます。

因みに今回使用したバッテリーはニッケル水素ですが、他にもこんなバッテリーがあります。
NICD(ニッケルカドミウム)
NIMH(ニッケル水素)
LIPO(リチウムポリマー)
LIPOHV(リチウムポリマーハイボルト)
LIHV(リチウムハイボルト)
LIFE(リフェ)
LIION(リイオン)
などがあります。

ここまでの製作動画はコチラをご覧ください。


[編集]
関連記事


大切なお友達のブログ

マウスを重ねると紹介文が出ます。

★Tom's Moderu ラヂコン記

★プンの マジメ と ゆるゆる の あいだ

★うさの羊毛ハンドメイド

最新動画情報

マイページ人気

 

お買い物は楽天で!

カスタムCSS

プロフィール

  うさぎゆう
ご訪問ありがとうございます♪
うさぎゆうです🐰
ミニ四駆、ラジコン、ドローン、ステッカー、羊毛フェルト、フェイクスイーツetc..
私の趣味をゆるーく書いています📝
YouTubeもやってます☆彡チャンネル登録お願いします💛
【うさぎゆう】検索♪

カテゴリ

★Apple製品 (37)
★COZMO (3)
★ドローン (68)
DJI (22)
EACHINE (6)
Parrot (6)
Hubsan (8)
Holy Stone (8)
Wingsland (3)
フライト動画 (4)
その他ドローン (11)
★Amazon製品 (8)
★撮影道具 (21)
★ロビ2 (56)
★ミニ四駆 (75)
FMAシャーシ (7)
MAシャーシ (31)
スーパーⅡシャーシ (2)
VSシャーシ (15)
ARシャーシ (7)
type2 (2)
★M-08 (9)
★グラスホッパー (4)
★T3-01 ダンシングライダー (13)
★ラジコン 旧車 (49)
BIG WIG (14)
TOP-FORCE 2017 (7)
スーパーホットショット2012 (10)
マンタレイ2018 (8)
アバンテ2011ブラックスペシャル (10)
★WR-02CB (12)
★ランチボックスミニ (6)
★ラジコンステッカー (4)
オオカミ (4)
★YOGA BOOK (2)
ケンブロック風 (1)
★ゲーム本体&ゲーム実況 (27)
★羊毛フェルト (34)
アナと雪の女王 エルサ (0)
刀剣乱舞 (0)
ゼルダの伝説 リンク (0)
妖怪ウォッチ (0)
ふなっしーシリーズ (0)
リラックマ (0)
不思議の国のアリス (0)
ONEPEACEキャラ フランキー (1)
その他羊毛 (32)
スイーツ (1)
羊毛道具・材料 (0)
羊毛フィギュア 台座 (0)
★フェイクスイーツ (1)
★UVレジン (1)
★レザークラフト (0)
★YouTube動画 (2)
★ねんどろいど&オビツろいど (0)
★プラモデル (4)
★日記 (8)
★健康 (43)
未分類 (0)
FMA (0)