FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

360度VR動画~in琵琶湖~

2018/10/18 08:00



リコー シータ 360度カメラですが、購入してなかなか実際に外で使う機会がなく、めっちゃ放置されていましたが・・・。

ようやく撮影出来ました!


サムネ

ドローンを撮影しに行く時に、いつも持っていこうと思っているのですが、荷物が多いのですぐに忘れてしまいます(;'∀')
後、人が多いところではなかなか撮影できなかったりするので、結構場所を選んでしまいます。



因みに今回は琵琶湖で撮影してきました↑

最初に言わせてください、皆さんが期待しているような綺麗な映像のVR動画ではありませんw

いつも行く場所で撮影しようかと思って向かってみたんですが、シーズに入っていたみたいでバーベキューやジェットなどをされてる方が結構いらっしゃったので、ドローンも撮影しに行っていたため、場所を移動して初めての所で撮影しています。

動画の中では撮影の裏側について話してたりしますw

リコーシータの音ですが、マイクは別マイクなしで撮影していました。
ですが、結構綺麗に撮れていたので個人で気にはかなり大満足です♪

またドローンを飛ばしに行った時に持って行って撮影出来たらなと思っています。

[編集]
関連記事

Canon PowerShot SX740 HS~Review旧機種との比較~

2018/09/18 00:45


撮影機材を購入したので紹介します!

canon Powerhot SX740 HS1

Canon PowerShot SX740 HS

今年の8/31に発売された高倍率ズームレンズが搭載されているカメラです。

カメラはYouTubeやブログでも紹介しているのですが・・・
今回購入したシリーズの前の型PowerShot SX730、700を持っています。
(こちらは画面の比較動画をしているので、良かったら参考にしてみてください↓)


この他にもキャノンであればEOS M6、ソニーはHDR PJ800を持っています。
(こちらの画面比較動画をしているので良かったら参考にしてみてください↓)


いつもメインで使っているカメラ EOS M6は、普段撮影する時とか長時間手元の撮影に使ったりしているのですが、手元の撮影をしていて、ここだけ短い動画を撮りたいなっていうときはメインカメラってあんまり気軽に撮れないんですよね💦
特に手元の撮影となると、例えばヤスリをかけているとか、塗装しているとかで何か作業してるので、レンズなどに傷が付いたら嫌やなって思うんですよ。金額も良い値段するので・・・。
傷が付いたり汚れたりしたらいいって訳ではないですが、やっぱりiPhone7が私の中で一番気軽に撮影できるので、よく使っています。
画質は綺麗ですが、部屋の照明だけだと暗かったりするので、照明を当てたりしないといけない・・・ってなるとその分場所とるんですよね。
作業していると周りが汚れていたり、物を沢山置いていたりするので、なるだけ撮影機材とかはコンパクトに収まって欲しいってのが一番私の中でこだわりが有ります。
なので、コンパクトで気軽に撮影出来て画質も良くて明るく撮れて、ちょっといいカメラはないかなって思って購入しました。

因みにSX730は欲しいという知人がいたので売りました。なので、もう手元にはありません。

canon Powerhot SX740 HS7
EOS M6を何でメインカメラで使っているのか。
ミラーレスカメラなんですよね、なのでこれで撮影するとピント以外がぼけてくれるので、例えばラジコンやロビを作っている時に、焦点を合わせるのには凄く使いやすいです。
ビデオカメラは平たくピントが当たるので、昔はビデオカメラで撮影していたのですが、綺麗に撮れるから気に入って使っていましたが、全部にピントがあうので、これを指したいっていう焦点が分かりにくいときがあるので、普段はEOS M6を使っています。

canon Powerhot SX740 HS4

SX740はちょっとした写真を撮ったり、かばんやポケットに入れて気軽に持ち運べるので、家では撮影に使って外では光学40倍ズームを使って、遠くの物をより近くで綺麗に撮る事が出来ます。
更にプログレッシブファインズームを使うと高解像度は勿論、80倍ズームでの撮影をすることが出来ます。
実際は40倍光学ズームをした後にデジタル4倍ズームをかけると160倍まで一応拡大することが出来ますが、綺麗さは保証されていません。ただ、今のデジカメは画質が綺麗じゃないと言っても、画像の目が細かいので、結構綺麗に撮影できるんじゃないかなって思っています。

最近ラジコンの走行動画を撮影している時にローアングルで撮ることが多くなってきたんですよね。
SX730とSX740のどちらもローアングルで撮影することが可能です。

では早速開封していきます。

canon Powerhot SX740 HS2
【中身】
・本体(ブラック)
・リストストラップ WS-800
・バッテリーバック NB-+13L
・バッテリーチャージャー CB-2LH
・使用説明書

以上が入っています。
本体の色はブラックとシルバーがあります。

canon Powerhot SX740 HS5

上の写真がシルバーの色です。
SX730の時シルバー×ホワイトで凄く可愛い配色で気に入っていたのですが、SX740はシルバー×黄土色?なので今回はブラックにしました。
因みにマイクロUSBケーブルは入っていないのでない方は別購入する必要があります。

canon Powerhot SX740 HS3

今回SX730とSX740のどこが変わったのかざっくりですが補足説明をしていきます。

・オートライティングオプティマイザ
これは画像処理エンジンのDIGICというのがあって、SX730はDIGIC6でしたが、SX740はDIGIC8になっているので、これが上がったことにより画質の向上や高速連写、高感度撮影など色んな機能が進化しています。
なので、白飛びや黒潰れを軽減して自然な明るさに補正して撮影できます。

・ユーザーインターフェイス
これはレンズ交換式カメラのEOSに近いEOS風のUIに変更されています。
なので、このSX740 HSをEOSユーザーが使っても違和感の無い操作が可能になっているようです。

・ビジュアルガイド
標準のUI画面デザインに加えてエントリーユーザーにも分かりやすく機能を説明する「ビジュアルガイド」の「やさしい」モードが追加されています。

・シーンモードに料理機能が追加されたので、標準・暖色・寒色から色合いを選択できます。

・スタイル設定という6種類の設定値から自分好みの色を設定することが出来ます。
SX730 HSで言うマイカラーの機能に近いと言われています。

・総画素数2110万画素と有効画素数2030万画素は変わらないですが、動画はSX730だとフルHD(1920×1080)60fps約35Mbpsまででしたが、SX740はさらに4K(3840×2160)30pの撮影にも対応できるようになりました。
後、4K動画から静止画を切り出すことが出来る4K動画フレーム切り出しや4Kタイムラプス動画も撮ることが出来るようになったので、撮影の幅が広がりそうですね!

・撮影時の手振れ補正ですが、どちらも5軸補正で・・・
①上下補正
②水平回転軸補正
③縦回転軸補正
④回転軸補正
⑤左右補正
と付いていますが、3.0段分から3.5段分に向上しているので、ブレ検知のジャイロセンサーからの情報プラス画像情報からブレ量を検知する新処理によってより高精度な手振れ補正が可能になりました。

・40倍、80倍とズーム機能が付いているのですが、例えば運動会で遠くをお子さんが走っている姿を撮影するのに、ズームしすぎて被写体を見失ったとか何処撮ってるのか分からなくなる時ないですか?
私結構撮影している時、ズームしすぎて被写体を見失う事あるんですよね。
そんな悩みを解決してくれるのが、フレームングアシストです。
40倍ズームの望遠撮影時も被写体を見失う事なく撮影できるオートモードがあります。
またカメラが人物の顔を検出すると顔が一定の大きさに保たれるように自動でズーム倍率を調整してくれるんですよね。
なので、撮影中お子さんを見失う事なく綺麗に成長過程を残すことが出来ます。

canon Powerhot SX740 HS6

因みにCamera ConnectというアプリをスマホにDLしておけば、そのままSNSに撮影した動画や写真をリアルタイムでアップすることもできますよ♪

・充電の仕方ですが、USB充電できるので、EOS M6やったらバッテリーを外して充電するので、バッテリーの入れ忘れがたまにありますが、これは本体にバッテリーをセットしたまま充電できるので、良いですよね。
ただ気を付けないといけないのが、本体の横に刺して充電できるんですが、充電中はカメラの操作ができないので、コンセントからの電気を使って撮影することは出来ないです。

では、実際に画面の比較をしてみたので、動画でご覧ください。



今回撮影したのはSX700とSX740の画面の比較です。
【SX700 HS】
フルハイビジョン 60p/30p、ハイビジョン 30p
【SX740 HS】
フルハイビジョン 60p/30p、ハイビジョン 60p、4K


4Kで撮影すると綺麗に撮れますが、画角が狭くなるので撮影シーンによって使い分けたいと思いました。
SXシリーズは毎年、後継機が発売されていますが、次SX740の後継機がでて買い替えるとしたら、私は液晶がタッチパネル式になっていて焦点をタッチ一つですぐに合わせられるようになっているのと、マイクが本体上にドッキングしていたので、マイク端子が付いていたらシーンに合わせてマイクも使い分けれるなと思ったので、買ってすぐにこんな事いうのもあれですが、そこがちょっと残念だった部分ですね。
因みに余談ですが、Canon DM-E1のマイク 購入して1年以上使っていますが未だにマイクの電池が切れた事ないです。
音質もかなり気に入っているので、おすすめです。


[編集]
関連記事

撮影用にLEDライト購入!

2018/04/27 21:45



少し前に撮影用にライトを購入しました♪

顔出し動画や手元動画を撮影していると、自分の陰でどうしても暗くなってしまうんですよね😞
で、友達に相談したらいいものを教えてもらったので、紹介しますね(∩´∀`)∩


LEDライト1

Andoer LED ビデオライト

Andoerから販売されているLEDビデオライトです。
メーカー名・・・なんて読むんでしょうか?
色々検索してみたんですが、読み方が分からなかったです💦

【付属品】
・LEDライト
・オットシュー
・マニュアル

バッテリーが付いていないので、別でこちらを購入しました。


LEDライト2

UTEBIT SONY NP-750 2個
USBチャージャー

コチラすべてセットになって販売されていました。

【付属品】
・NP-F750 バッテリー 2個
・デュアルバッテリー充電器 1個
・USBコード 1



LEDライト3


LEDライトの後ろにスライドしてセットできます。
因みに、電池残量も分かるようになっています!
これなら電池が途中でなくなった?!なんて心配もないですよね♪

LEDライト4

LEDライトの側面は上から電源ボタン、3200K、6000Kと手動ダイヤルで動かして調整することができます。
ダイヤル部分に数字などは表示されていないので、光り加減を見ながら調整します。

で、チラチラ見えている三脚ですが、こちらも購入しました。

GHIHEISENN 卓上三脚です。

三脚だけの写真はないですが、脚の長さが5段階に変更出来て、高さは2段階に変更可能です。
首を上下に傾けることもできます。

【付属品】
・三脚
・スマホホルダー

※スマホホルダーですが、幅55~85mm以内のスマホを挟むことができます。

LEDライト5


実際に取り付けてみました♪
光の色はかなり暗くして撮影しています。
マックスにすると目をそらしても、滅茶苦茶まぶしいです(;'∀')
因みにLEDライトは228球付いています!

このままでも使えますが、少し柔らかい光にしたいので・・・

LEDライト6

スーパーやコンビニの白い無地袋を上から被せて撮影していますよ。


もう一つ三脚を購入しました。

アマゾン三脚1

MOMAN 自由雲台

【付属品】
・自由雲台
・ひも
・ケース

アマゾン三脚2

【特徴】
卓上三脚と比べて一番下まで脚をべたっとねかる事が出来て、脚も鉄でできてるので丈夫です!
また、脚には穴が開いているので、木に縛って固定したり柱に固定することができるので、撮影の幅が広がります。

ダイヤルを使うとパノラマ写真が撮影できます。
ものりが書いているので、例えば、30のところまでダイヤルを回すと、30°移動するので30度の長いパノラマを手振れなしで綺麗にとることができます。

上の大きいネジですが、これで首の角度を変えることができます。

後は、水平垂直を見れたり、雲台を外してスマホスタンドに変えたり、することができます。

コチラの三脚は主に手元の撮影用に購入しました。


実際にLEDライトあり、なしの動画を撮影してみました。




やっぱりライトありとなしでは全然り違いますねww

まだまだ光の調整に慣れていないので白飛びすることもあるかと思いますが、これから上手く調整していきたいと思います。




[編集]
関連記事

【開封動画】リコー シータV 購入しました!【4K 360°カメラ】

2017/09/18 12:09



YouTubeに色んなカメラのレビュー動画をアップしているんですが、最近360°カメラが気になりだしたので・・・


シータV1


9月15日(金)に発売された リコー シータVを購入しました!

セット内容は・・・

・シータV本体(メタリックグレー)←色はこの1色のみでした(;´・ω・)
・説明書
・充電器
・シータVケース

シータV2


手のひらサイズで重さは約121g!

めっちゃ軽いしコンパクトなので、かばんの中にすっぽり入れることが出来ます!

因みに、丸いボタンの所がシャッターボタンなのでこのボタン一つで写真や動画を撮ることができます!

シータV3


反対側にもカメラがついています。

その下の部分は電源をつくと青いランプがつきます。

シータV4


厚みはこんな感じです。

上から、電源ボタン、無線ボタン、モードボタンになっています。


メモリーカードとか買わなくても撮影できるんです!
メモリーとバッテリーは本体に内臓されているので、このシータV本体だけで360°の撮影、しかも4Kカメラなのでかなり高画質で撮ることができます!

因みに、今回購入したのはこれ以外に・・・

シータV5


ハードケース

ケースは陸用のハードケースと水中用の水中ハウジングケース TW-1があります。

スキューバーダイビングとかされる方は、是非水中用をお勧めしたいですね!

外で撮影するときに、埃や砂などでカメラレンズを傷つけたくなかったので買いました。

ただ、このハードケース、つけて撮影すると多少画質は下がってしまいます。

シータV6


自撮り棒

今時100円ショップでも購入できる自撮り棒。

旅行中シータVを持って撮影すると距離が近すぎるので、自撮り棒を買いました。


因みに、シータV、この前に発売されているのがシータSなんですが、何処が変わったのか・・・


4K動画撮影、360°空間音声の機能が追加されました!

なので、VRに対応した空間音声で観れることが出来るので、そこに居るかのような臨場感を堪能できるんです!

めっちゃすごいですよね(*´▽`*)


今回の開封動画はこちら↓




これから色んな場所で撮影したいな♪



[編集]
関連記事

念願のマイクを購入♪音が凄くきれいに!!

2017/09/06 00:15



ずっと前から撮影時のマイクが気になっていました。

撮影するものによって使うカメラを変えているのですが、画質は綺麗になってもノイズが入ったり、音がこもったり気になりだしたらきりがありませんww

音声だけ録音するのに購入した、ソニー ECM-PCV80U [エレクトレットコンデンサーマイクロホン USB マイク]

ソニー SONY ECM-PCV80U 1


これはこれで音だけを録音するのであれば、全然使えるんですが、カメラに接続して使うと音がこもった感じに聞こえるので、少しいいマイクを思い切って購入しようと思い今回買ってみました。


DM-E1 1


Canon DM-E1

今撮影でよく使用しているEOS M6にも使えるマイクです。

このマイクは他のユーチューバーの方もオススメしているマイクで、良いお値段はしましたが、今回こちらに決めました。


何といっても音がかなり綺麗!!


とのことで、早く使いたい!!


早速中を開けてカメラに装着しましたよ♪

DM-E12


おぉーーー!
めっちゃいい感じやん♪



DM-E13


なんか見た目プロっぽいww

DM-E14


音声を拾う機能は3種類。


ショットガンは正面の音声を、90度は左右の音も拾ってくれます。

120度は広範囲に音を拾うので、用途に分けて使っていこうと思います!


実際に使っているところや音声を比べてみたので、こちらの動画をご覧ください♪





やっぱり、マイクがあるのとないのとでは、音が断然違いますね!

普段の撮影では、ショットガンで撮影しているのですが、多少の左右の音を拾いますが、ノイズとか全然気にならなくなりました。

それと、音がこもった感じに聞こえていたのですが、それも改善されたので、個人的には大満足です(#^^#)

このマイク、一度使うともう手放せなくなりそうですww



[編集]
関連記事


大切なお友達のブログ

マウスを重ねると紹介文が出ます。

★Tom's Moderu ラヂコン記

★プンの マジメ と ゆるゆる の あいだ

★うさの羊毛ハンドメイド

最新動画情報

マイページ人気

 

お買い物は楽天で!

カスタムCSS

プロフィール

  うさぎゆう
ご訪問ありがとうございます♪
うさぎゆうです🐰
ミニ四駆、ラジコン、ドローン、ステッカー、羊毛フェルト、フェイクスイーツetc..
私の趣味をゆるーく書いています📝
YouTubeもやってます☆彡チャンネル登録お願いします💛
【うさぎゆう】検索♪