FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

【制作動画】ファイヤードラゴン~ボディ編 後編~

2019/01/07 08:00



全然記事と動画の更新が追い付いていないので、いつも動画がメインになって記事が遅れてしまうのですが、まさか去年の2月に書いていた記事が完成してなかった事を発見したので、徐々に消化していこうと思います。

という事で、今回はミニ四駆 ファイヤドラゴンのボディ 後編です。
いやいやいや、いつの話やねん!って突っ込まれると思いますが、前回の記事の内容なんて覚えてないわーε=ε=(怒゚Д゚)ノって方は、下の記事からご覧ください。

【制作動画】ファイヤードラゴン~ボディ編 前編~

ボディ前編ではボディの塗装とシャーシのコイル部分を一部塗装しました。
で、後編では、ステッカーを貼って完成させていきますね。

ファイヤードラゴンボディ塗装-28

ボディのマスキングとフィルムを剥がすと、窓の縁がガビガビしているのが、分かります。
一応マスキングして塗装していますが、マスキングの時点で綺麗な曲線を描けていなかったりするので、
まずステッカーを貼る前にラインを綺麗に整えます。

ファイヤードラゴンボディ塗装-12

TAMIYA プレペイントクリーナー(ポリカーボネート用)

ファイヤードラゴンボディ塗装-29

これを綿棒に含ませて余分な塗料をふき取ります。
ポリカ専用なので、これをプラスチックのボディに使うと溶けて白くなるので、間違って使わないようにご注意を💦
使う綿棒ですが、私は100均の綿棒を使っています。
プラモ用の綿棒も売られていますが、正直プラモ用の方が100均に比べてすぐにモロモロにならないし、けば立ちにくいです。

ファイヤードラゴンボディ塗装-30

ラインを整えたのがコチラです。
一応、窓全体をプレペイントクリーナーで拭いて綺麗にしています。

ファイヤードラゴンボディ塗装-31

続いてステッカー貼りです。

ファイヤードラゴンボディ塗装-32

【私流ステッカーの貼り方】
・まず最初にステッカーをおおまかにカットして貼る位置を決める
・ピンセットで貼る


ファイヤードラゴンボディ塗装-34

今回はそこまで大きいステッカーが無かったので、やっていませんが、ステッカーの台紙を半分だけカットして半分貼ってからもう片方の台紙を剥がして空気を抜きながら貼る方法も有ります。

一番むずかしかったのが、窓のステッカーですね。

ファイヤードラゴンボディ塗装-37

曲面のステッカーを貼るのは凄く難しいですが、貼った後にドライヤーの熱を当てて熱い!って思うくらい熱してから更に指でステッカーを伸ばして貼ると綺麗に貼れます。
ただ、この方法はお子さんがするときはヤケドすると危ないので、お父さんお母さんにしてもらいましょう。

ファイヤードラゴンボディ塗装-38

ファイヤードラゴンボディ塗装-39

というわけで、VSシャーシ ファイヤードラゴンの完成です。
ラメフレークを最初に吹いたので、キラキラ感が良い感じに出てくれました!

この工程を動画で見たい方はコチラ↓



★今回使用した道具など

[編集]
関連記事

【ミニ四駆】マッハビュレット VSシャーシ【開封&制作】

2018/06/03 17:52



久しぶりのミニ四駆記事ですが、5月26日に発売されたこちらのミニ四駆を今回作っていきます!


ミニ四駆 マッハビュレット6


TAMIYA マッハビュレット VSシャーシ

マッハビュレット、VSシャーシです。
VSシャーシなので、コペンと同じですね♪
1920年代後半に活躍したビンテージ・レーシングカーをモチーフにしたマシンです。

では早速開封していきます!

ミニ四駆 マッハビュレット7

シャーシやパーツはすべてブラックです。
ボディはライトブルーで、ゴールドの大径ナローライトウェイトホイールにバレルタイヤの組み合わせになっています。

ミニ四駆 マッハビュレット9

気になっていたステッカーですが、標準のライトブルーと明るいレッドカラーの2種類が入っています。

ミニ四駆 マッハビュレット10

人形は塗装済みの物が付属されています。

ミニ四駆 マッハビュレット8

こんな感じで箱にホッチキスで止めつけていました。

今回の制作は、ボディを塗装するのではなく一部分だけを筆塗しようなかと思っています。

ミニ四駆 マッハビュレット11

というわけで、さっくりシャーシを組み立てます。

ミニ四駆 マッハビュレット12

何度も作っているので、シャーシは完成の写真だけ。

ミニ四駆 マッハビュレット1

続いてボディの塗装をします!

・・・・塗る前の写真を撮り忘れてしまったので、もう色がすでに入っていますが💦

まず最初に、塗りやすいようにランナーから全てボディを切らずに写真のようにして切り取ります。
ボディを中性洗剤で洗って乾燥させます。


今回は2色だけの塗装なので、
TAMIYA X-1 ブラック
TAMIYA XF-16 フラットアルミ

これを筆で塗ります。

人形が座っている所の部品とライトの繋がっている部分?はブラックで塗装しています。
ライトの側面とマフラーはフラットアルミで塗装しています。
フラットアルミなので、つや消しのシルバー色です。

ミニ四駆 マッハビュレット3

塗装が終わったら、ステッカーを貼ります。
数字のステッカーですが、いろんな組み合わせが出来るので、オリジナルの番号を貼ることが出来ます。
が、今回は元々組み合わせていたものを貼っています。

ミニ四駆 マッハビュレット5

シャーシに止めたら完成です♪
後から気が付いたんですが、ライト後ろの丸い凹凸部分を塗り忘れていたので、いらない部分のステッカーを切り取って貼りましたww
というわけで無事完成です!


【今回の動画はコチラ↓】



[編集]
関連記事

【制作動画】ファイヤードラゴン~ボディ編 前編~

2018/02/24 08:00



ミニ四駆 ファイヤードラゴン、今回はボディの塗装 前編を書いていきますね♪


ファイヤードラゴンボディ塗装-08


ポリカボディをカットして、洗剤で洗い乾燥させます。

窓ガラスをマスキングします。
デザインナイフでカットしてから貼り付けています。


ファイヤードラゴンボディ塗装-09


マスキングできたのがコチラ↑


ファイヤードラゴンボディ塗装-11


ボディの表面に割りばしをつけて塗装しやすいようにしておきます。


ファイヤードラゴンボディ塗装-12


このまま塗装してもいいのですが、塗装する面を綺麗にするためにコチラを使います。
TAMIYA プレペイントクリーナー(ポリカーボネート用)
これをティッシュ又は綿棒に含ませて綺麗にふきます。
コチラ、きれいにするためだけじゃなくて、はみ出したポリカ塗料を消すことができます。


ファイヤードラゴンボディ塗装-13


まず表面にかるくTAMIYA PS-53 ラメフレークを吹きます。
ラメフレークは、あまり振りかけすぎるとしつこくなるので・・・


ファイヤードラゴンボディ塗装-14

こんな感じに全体に振りかけれたらOKです。

ファイヤードラゴンボディ塗装-15


次にTAMIYA PS-5 ブラックを塗装します。

ファイヤードラゴンボディ塗装-16


塗り残しや、均等に塗れているか確認するために、光に透かして見ると、どこがまだ塗れていないかよくわかります。


ファイヤードラゴンボディ塗装-17


まだボディのフィルムを剥がしていませんが、結構キラキラして綺麗です♪


ファイヤードラゴンボディ塗装-20


続いて、Aパーツをガンダムマーカー シルバーで塗ります。

ファイヤードラゴンボディ塗装-22

他のところにつかないように、マスキングしておくと安心です。

ファイヤードラゴンボディ塗装-23


塗れたのがコチラです。

後編に続きます。


[編集]
関連記事

【制作動画】ファイヤードラゴン~シャーシ編~

2017/12/19 23:00



ミニ四駆 ファイヤードラゴンのシャーシを組み立てます♪

制作動画はコチラをご覧ください↓






VSシャーシは、MAシャーシやARシャーシに比べて組み立てやすいです。

以前発売されてたファイヤードラゴンは、同じVSシャーシでしたがシャーシの形やタイヤやホイールの種類も違っていました。

個人的には、前に発売されたとげとげの付いたタイヤの方がカッコよくていいなーって思っていたんですが、
タイヤやホイールが違うだけでミニ四駆の印象がガラっと変わりますね♪

あと、プライズ限定のレーサーミニ四駆 ファイヤードラゴン21st(VSシャーシ)・・・

限定商品ということもあって、アマゾンではもう売られていなかったですが、レッドホイールメッキに黒のトゲが付いたタイヤの
組み合わせなんですが、見た瞬間一目ぼれしちゃいましたね(≧∇≦)

ミニ四駆とは関係ないですが、最近、GTプラスという番組にはまっておりますw

テレビ東京で放送されている、スーパーGTの情報を中心としたモータースポーツ、自動車情報番組。

初めて見た時は、正直なところ普通だったんですが、車の配色やデザイン、
ボディの形とか色々見ているうちにハマってしまいましたw


一番は、初音ミクのGTカーですね♡

前から痛車にチャレンジしたくて色々デザインを考えている途中なんですが、ミニ四駆だとボディによってあんまり
大きなステッカーが貼れなかったりするので、悪銭苦闘しております(-_-;)


最近発売されたプレステ4 グランツーリスモ・・・友人がプレイしているところを横で見ていたんですが、これは・・・

ヤバい・・・ハマりそう💛です(笑)

本物の車を実際に見ているような映像のクオリティに感動しました!

ますますGTカーにのめりこんでいきそうな予感ですw

ファイヤードラゴンの記事をほぼ関係ない内容になってしまいましたが、ミニ四駆も楽しいけど、少しずつラジコンにも興味を持ち始めてきました!

今まで走らせたりしなくても満足していたんですが、やっぱり動かしてみたいな・・・



[編集]
関連記事

スピンバイパー マットブラックからメタリックレッドに変身!!

2017/10/12 21:26



スピンバイパーパールブルースペシャル、マットブラックに塗装していたんですが・・・


スピンバイパー組み立て37


このボディーの形や、フロント内部のメカが見えていたり、個人的にはかなりツボでお気に入りだったので、
他の色も見てみたいな(*ノωノ)

というわけで。。。


スピンバイパー レッド塗装-7


ツヤツヤのレッドになりました♪

マットブラックの上から塗装・・・


なんてことはしていませんww

もう一台購入しましたw

スピンバイパー レッド塗装-2


ボディにタミヤのヤスリ 800番でボディ全体を軽くやすって食器洗剤で洗って乾かします。

TAMIYA サーフェイサー ピンク

これを使います。

いつもは白のサーフェイサーを吹いていたんですが、今回はピンクの下地を使いました。

ピンクや赤系統の塗装は下地にピンクのサーフェイサーを使うと発色が綺麗になるそうです。

実はまだ、ピンクの下地に赤の塗装しかしたことがないので、次回赤を塗装するときは白のサーフェイサーを使って
発色の違いを比較してみますね♪


スピンバイパー レッド塗装-1


なんだかこのピンクのサフの色のままでもいいんじゃないかってくらい、可愛い色ー(*ノωノ)

スピンバイパー レッド塗装-3


ランナーから切り離して割りばしに引っ付けて塗装できていない箇所にサフを吹きます。

スピンバイパー レッド塗装-4

ピンクのサフが吹けたら、TAMIYA TS-18 メタリックレッドで全体を塗装します。

スピンバイパー レッド塗装-6


写真じゃ分かりにくいけど、結構いい感じに発色しています。

ステッカーは前回のマッドブラックと同じ、ブルーの部分はハサミでカットして貼りましたよ。

付属のステッカーもいいけど自分でデザインしたステッカーも作って貼ってみたいな・・・なんて思うようになってきました。

ローランドディージーのデザインカッター ステカ SV-8はアドビーのイラストレターCS2~CS6が使えるとのことなので、購入しようか迷ってますw

普段CS6又はCCを使っているので、イラレソフト自体は問題なく使えそうなので、
デザインを起こせば好きな時にカッティングできるのでかなり魅力的です。

好きなデザインもそうだけど、痛車を作ってみたいんですw

最近CS6を購入しようかCCを購入しようか結構悩んでいたんですよねー。
対応しているのがCSなので恐らくCS6の購入になりそうですが・・・。

デザインの幅も広げていきたいけど、電飾や3Dプリンタとか色々作ってみたいことが増えてきたので
これからの作業が楽しみです♪




[編集]
関連記事


大切なお友達のブログ

マウスを重ねると紹介文が出ます。

★Tom's Moderu ラヂコン記

★プンの マジメ と ゆるゆる の あいだ

★うさの羊毛ハンドメイド

最新動画情報

マイページ人気

 

お買い物は楽天で!

カスタムCSS

プロフィール

  うさぎゆう
ご訪問ありがとうございます♪
うさぎゆうです🐰
ミニ四駆、ラジコン、ドローン、ステッカー、羊毛フェルト、フェイクスイーツetc..
私の趣味をゆるーく書いています📝
YouTubeもやってます☆彡チャンネル登録お願いします💛
【うさぎゆう】検索♪