FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

Mavic 2 PRO~布目ダムで撮影してきました~

2018/11/11 10:54



久しぶりのドローン記事ですね!
今回は布目ダムに飛ばしに行ってきました♪

布目ダム1

実際に飛ばした映像や向かっている途中の映像も一緒に見て頂けるとより分かりやすいと思います。
今回GOPRO7のタイムワープ4K 5倍で撮影しています。
別の撮影時に5倍と10倍で撮り比べてみたんですが、個人的には5倍の方が良い感じに撮れる気がしますw


布目ダムで、何を撮影してきたのか
大きく分けて2つ撮影してきました。
1つ目は離陸です。
今回SX740とGOPROHERO7で撮影しているんですが、マビック2プロ、めっちゃ離陸速いんです!
なので目的地まで一気に飛んで行ってくれます。
同じDJIのsparkと比にならないくらい速いなーって思いました。

2つ目は、Mavic 2 PROはカメラが少し上に向くので下から雲の撮影が出来ます。
同じDJIのsparkでは正面から下しか撮影できなかったので今まで撮影できなかった角度を撮ることが出来るようになっています。

ダムに写る雲や木々、霧が木にかかって幻想的な景色になっている所も撮影できたので、見てみてください♪





[編集]
関連記事

PGYTECH Mavic2Proのカバンゲット!レビュー記事

2018/10/17 08:00


前回DJIのMavic 2 Fly More KITを購入したんですけど、やぱっりPGYTECHのケースが欲しいって思って買いました。

PGYTECH MAVIC2PRO5

PGYTECHのCarrying Case for Mavic2です。
DJIのかばんは、ケースだけじゃなくて、バッテリーやカーティージャー、アダプターもセットになっていたので、これはこれで買って良かったんですが、残念だったのが本体やプロポ、オプションパーツ全てが鞄の中に入らない事なんですよね。
入れようと思えば入るんですが、部品同士が擦れて、キズが付いたら嫌やなって思ったんで入れていないです。
しかも全部入れようと思ったら結構キチキチになるので、圧迫感が結構ありました。

今回はDJIのバッグと比較してみていきます。

鞄の素材はウレタンぽくってツルツルしています。
DIJは革と布製だったので、防水加工はないですが、PGYの鞄は防水加工されているので急な雨も大丈夫です!

PGYTECH MAVIC2PRO8

コチラのキャリングケースは、ショルダーにもすることができます。
側面はこのような形になっていて、この丸いポッチにショルダーの紐をはめると取り付けることができます。

PGYTECH MAVIC2PRO9

取り付けるとこんな感じです。
DJIの場合はこのショルダー紐を取り付けるのに鉄のフックになっていたのでかなり頑丈だったんですが、PGYは革になっているので、ちょっと付ける時にちぎれるんじゃないかって気がしたので、だんだん使っているうちに、つけたり外したりを繰り返していると、弱くなりそうな気がしました。

PGYTECHマビック2pro1

因みに今の現状、DJIの鞄はこんな感じで予備バッテリーや充電セットなどのオプション入れになっています。
で、肝心の本体ですが、購入した時の箱に入れて持ち運んでいますww
鞄買った意味wwって思いましたが、全部は無理だった・・・。

PGYTECH MAVIC2PRO1

鞄の中身を全部出すとこれだけ入っています。
意外と入ってるでしょ?

PGYTECH MAVIC2PRO4

実際にPGYの鞄に詰めてみました。
窪みがあるので、ここに本体を入れるとかすぐに分かるので、パッキングしやすいです。

PGYTECH MAVIC2PRO3

送信機やバッテリーが入る部分は上からマジックテープ付きの布が被ります。
伸縮性がある布なので、止めやすいです。

PGYTECH MAVIC2PRO2

反対側には、カーチャージャーなどのオプション品を入れています。
この部分に全く物を入れないのであれば・・・

PGYTECH MAVIC2PRO10

プロポの上にiPadミニを収納して持ち運ぶことも可能です。

PGYTECH MAVIC2PRO6

で、せっかく購入したDJIの鞄もあるので、PGYの鞄にはすぐに飛ばせられる物だけをパッキングしようと思います。
本体、バッテリー、プロポ、予備プロペラ

PGYTECH MAVIC2PRO7

プロペラ、カーチャージャーを入れてみました。
で、DJIのバッグの方にはマビック2Proとスパークの充電セットを入れています。



動画の中で詳しい入れ方を説明しているので、良かったら参考にしてみてくださいね。

今回両方のケースを購入した感想ですが・・・
すぐそこで飛ばしに行く場合だったらDJIのコンパクトな鞄の方が便利だし、遠出したりするときはPGYのケースの方が沢山入るので使う用途に合わせて使っていこうと思います。
また、実際に使用した感想は後日お話しようと思います。

[編集]
関連記事

DJI スパーク用ポータブル充電ステーション【持ち運び便利♪】

2018/10/11 08:00



スパークの充電器を購入しました!

スパーク専用充電器8

スパークのポータブル充電ステーションです。

スパークの充電器は持っているんですが、バッテリーを本体から取り外して充電するタイプなんですよね。
でもこのポータブル充電ステーションは、モバイルバッテリーみたいに持ち出すことが出来て、バッテリーの充電が出来る充電ステーションで、なんと本体ごとセット出来て尚かつバッテリーを合計3本同時にセットできるんです。

バッテリー最初1個しか持っていない方は、バッテリー2個ついているのでお得です。
これなら旅行の持ち運びにも便利やし、しかも充電も出来るってかなり嬉しい商品ですよね。

では早速開けていきたいと思います。

スパーク専用充電器5

・ポータブル充電ステーション×1個
・バッテリー×2個


スパーク専用充電器6

・日本語付き説明書

スパーク専用充電器7

・電源ケーブル×1個

主な仕様と商品の簡単な説明ですが・・・・
対応バッテリー:sparkバッテリーチャージャー
出力USBポート:5V、2A(合計)
容量:5000mAh、54Wh
→本体の容量が5000mAhで、バッテリーの充電容量が1480mAhです。
なので3回分ですが、基本的に充電残量が30%くらいで着陸させるので、実際は4~5回分くらいはバッテリー充電できると思います。
もともとバッテリーが3つあって4~5回充電できるんやったら約8回フライトさせる事が出来るのでより多くフライトを楽しむことが出来ます。

重さ:680g
入力電圧:13.05V
入力電流:4A

気になる充電時間ですが・・・
【外部電源に接続した場合】
ステーションのみだと約1時間35分
ステーション、バッテリー3つだと約3時間

【外部電源に接続なし】
バッテリー3つで約2時間30分充電することが出来ます。

これは空っぽの場合なので、体感としてはもう少し早いと思います。
因みに半日琵琶湖で飛ばした時、5回フライトさせたので、ポータブルステーションを購入すれば1日十分に遊べると思います。

では実際に充電してみたいと思います。



充電方法は動画でも説明しています。
【使用方法】

スパーク専用充電器1

側面にあるポータブル充電ステーション上の固定ボードを開きます。

スパーク専用充電器4


②バッテリーをバッテリースロット内にセットした後、前方にスライドさせてしっかりと固定します。
この時バッテリーがしっかり取り付けれていることを確認します。

③バッテリー搭載済みのスパークをセットします。
中央のスロット内の充電接点は、機体に搭載されているバッテリーに対する充電のみに対応しているので、ご注意ください。

④固定ボードを閉じて、下に押してしっかりロックします。
この時、機体上のプロペラは固定ボード内側に折りたたんで収納することが出来ます。

⑤充電器を接続すると機体とバッテリーの充電が開始されます。

⑥充電時、ポータブル充電ステーションは、まずスパーク上に搭載されているバッテリーに対する充電を優先して行って、その後バッテリー残量に応じて残りの2つのバッテリーへの充電が行われます。
また、充電中はポータブル充電ステーション本体の充電も同時に行われます。
更にポータブル充電ステーション下部のUSBポートを使ってモバイルバッテリーの充電を行う事も可能です。

⑦電源が入った状態の機体のままバッテリーを既に電源が入っている状態のポータブル充電ステーション上にセットした場合、機体の電源は自動で切れます。

スパーク専用充電器3


⑧ポータブル充電ステーション上の3つのバッテリーインジゲーターLEDは、それぞれ対応するバッテリースロット上のバッテリーの充電状態を表示しています。
緑に点滅:充電中
緑に点灯:充電完了
赤に点灯:待機中
黄に点灯:充電スタンバイ状態

※スリープ状態のバッテリーを充電する場合、バッテリーセット後すぐに充電が開始されず、、一定時間経過後にスリープモードが解除された後に充電されます。

⑨ポータブル充電ステーション本体のバッテリーが一定の電量まで充電されている場合、モバイルバッテリーとして機体又は、バッテリー等への充電を行うことが出来、モバイルバッテリーとして使用する場合は、電源ボタンを1回押した後に、再度長押ししてポータブル充電ステーションの電源を入れる必要があります。

※モバイルバッテリーとして使っている時、ポータブル充電ステーション本体のバッテリー残量が5%以下になった場合充電が停止し、自動で電源が切れます。
またセットされているバッテリーの充電が既に完了してる、または充電スタンバイ状態が30秒以上継続した場合、ポータブル充電ステーションの電源は自動で切れます。
充電を停止する必要がある場合は、電源ボタンを1回押した後に、長押ししてポータブル充電の電源を手動で切ります。

実際に充電してみた感想ですが、スパークがフライトしてる間は予備のバッテリー充電が充電されているし、寝る前にセットしたら差し替えずにそのまま充電可能で、しかも持ち運び中にも充電出来るので、かなり便利やしオススメですね。


[編集]
関連記事

Mavic 2 PRO~初フライト

2018/10/02 21:10



今回は滋賀県の琵琶湖にMavic2 Proを飛ばしてきました!

Mavic2PRO初フライト

先に感想からお話しすると、スパークに比べて画質、スピード、安定が格段に上がっていました。
それに加えて音が静かになっていました。

今回の動画では、ずっと試してみたかったアステロイド、ドロニーをやっています。
初めてのフライトという事で好奇心や恐怖が入り混じっていて、設定などを見ることが出来なかったので、そこはおいおい見ていこうと思っています。
送信機のボタンも増えているので、まだ何をさせていいか分からず・・・
なので、今回の初フライトは皆さんが思っているような素敵な撮影・・・ではなくこんな感じで飛びますよーみたいな動画ですw

2Kと4Kで撮影しているのですが、動画編集するので、FHDになりますが、実際の映像はかなり綺麗でした。

開封動画でリコー シータ(360度カメラ)を載せて空撮したいと言っていましたが、ドローンの上につけるので、風の抵抗を受けやすくなったり危険なフライトになるかもしれないので、すぐに挑戦は考えていません。
それに、危険なフライトは私自身やはりしたくないので、 まずはMavic2Proが持っている自動撮影などからチャレンジしていこうと思っています。

では、実際に撮影してきた動画をご覧ください。





[編集]
関連記事

結局購入!Mavic 2 Fly More KIT~良かった点&残念な点~

2018/09/08 14:52



Mavic 2 PROを購入した時、フライモアキットは買わないって言ってたんですが・・・

マビック2フライモアキット6

MAVIC 2 FLY MORE KIT

買っちゃいましたww
あれだけ買わないって言ってましたが、バッテリーが入荷待ちだったり、注文できても入荷待ちだったりするので、なかなか購入できない状態だったんですよね。

フライト動画撮ってきますと言っていましたが、この間の台風21号や行く日が決定しても雨だったりしたので、結局まだ飛ばしに行けていません。
いざ飛ばしに行く!となってもフライト時間が約20分くらいなので、仮に撮りに行っても1回しか撮影できない、若しくはウィビートップの充電器を持って行って充電しても約1時間半かかると思うので、思ったように飛ばせないんじゃないかなって思うんですよね。

バッテリーは2つ購入しようかなと考えていたんですが、手持ち3つになるけどバッテリー充電ハブを使わないと、いちいち充電終わったら次のバッテリーに差し替えるのが手間なので、バッテリー充電ハブもいるよねーって。

後、プロペラは2本しか予備が無いので、1台全て交換するとなると足りないので、あと1セットくらいは予備プロペラ欲しいなって思ってました。

近いうち順番に揃えて置きたいと思っていたのですが・・・

マビック2フライモアキット2
マビック2フライモアキット3
本当はPGYTECHのショルダーバッグが欲しいので、今回買ってしまうとカバンが無駄になるんじゃないかなと思っていたんですが、欲しいものをまとめて買うのと、フライモアキットを買うのと同じ値段だったので、今回キットを追加購入しました。
因みにバッテリーが入荷待ちの時期に購入したので、私がフライモアキットを購入した翌日、今度はフライモアキットも入荷待ち状態になっていました((((;゚Д゚)))))))

マビック2フライモアキット1
では早速中身を見ていきます。

【内容物】
・フライトバッテリー ×2 (¥14,800)
・カーチャージャー ×1(¥7,300)
・バッテリー充電ハブ ×1 (¥6,100)
・バッテリー-パワーバンクアダプター ×1(¥2,400)
・低ノイズプロペラ ×2(¥1,300)
・ショルダーバッグ(ショルダーひも付き) ×1(¥9,799)
※()の中の金額は1つあたりのお値段です。
※ショルダーバッグは単品売りしていません。全部の総額から差し引いて記入しています。


以上が中身です。
では、今から詳しく見ていきます。

マビック2フライモアキット14
バッテリー充電ハブ

バッテリー充電ハブは、残量の高いバッテリーから順番に充電されるので、効率よくすぐに飛ばせれるようになっています。
例えば、外で3つバッテリー使って飛ばして、次の地点に到着するまで車内で充電したとします。

1つは1/2ランプがついていて、後の2つは3/4ランプがついているとします。
そうなると、この2つどっちが充電少ないのか分からないですよね。
自分でこれかなって思って、少ない方から充電してしまっていいたら、次の地点に着いてもまだ充電が終わってなかったら時間のロスになります。
でも、充電ハブに刺したら勝手に判断してくれるので、凄く効率よく充電してくれるし、自分でバッテリーを入れ替えて次のバッテリーを刺す手間やタイムラグも無いので、かなり便利です。

マビック2フライモアキット15

バッテリー-パワーバンクアダプター
公式HPには、USB Type-Aポートを2個搭載されていて、それぞれ10W出力を提供し、1個のバッテリー容量のわずか20%でスマホを完全充電で出来ますと書かれていました。
ですが、使う携帯によってバッテリーの容量が違うので、満タンになるかどうかは分からないです。

それと20%以下のバッテリーを使って携帯を充電するとバッテリーが0%付近になって放置すると傷む恐れがあるので、20%以下の状態で携帯を充電しない方がいいです。

実用的な使い方としては、今回バッテリー3本になりましたが、飛ばしていて今日は2本で足りたなっていう日もあると思うんですよね。
このバッテリーはインテリジェントバッテリーと言ってちょっとしたコンピューターが入っています。
このままフル充電した状態で暫く使わなかった場合、50%付近まで自然放電されます。
なので、そのまま自然放電させるのはもったいないので、携帯を充電して使う方が有効的かなと私は思います。

マビック2フライモアキット20

バッテリーで携帯を充電するとき、パワーバンクアダプターを使います。
これをバッテリーに取り付けます。
差し込むとき、向きがあるので注意しましょう。

マビック2フライモアキット21

パワーバンクアダプターには、USBを差し込むところが付いているので、

マビック2フライモアキット22

携帯の充電コードを刺して充電します。
因みにこのまま携帯と繋いでも充電開始されません。
Mavic 2 本体の電源を入れるのと同じで、1回目押して、2回目長押しすると充電が開始されます。


マビック2フライモアキット18

バッテリー充電ハブを使って充電するときですが、底に差込口があるので、刺します。

マビック2フライモアキット16

バッテリーを充電ハブに差し込みます。

マビック2フライモアキット23

充電ハブは電源を入れる前はランプが消えた状態になっています。

マビック2フライモアキット5

バッテリーを差し込むと緑のランプがゆっくり点滅します。

マビック2フライモアキット19

先程の充電ハブの刺し込み口ですが、Mavic 2 を購入した時についていた充電ケーブルや、

マビック2フライモアキット17

カーチャージャーの反対側に付けることもできます。

では、パッキング開始!

一応バッグの横ポケットに収納の仕方のタグが付いています。
今回はそれを参考にしてパッキングしてきます。

マビック2フライモアキット7

まずMavic 2 PRO本体を入れます。
かなりぴったり入るので、正直擦れながら入る感じです。

マビック2フライモアキット8

バッテリーですが、開封した時は、横に本体が入ってなかったので、横にして2個入っていたのですが、同じように入れるとバッテリーに傷が付きそうなので、ここでは1個だけ入れます。

マビック2フライモアキット9

横についている仕切りの布を倒して、もう一つのバッテリーにを入れます。
この時端子は下にして傷つけないようにしておきます。

マビック2フライモアキット10

反対側に送信機を入れます。
今回は、ドローンのプロペラを外して入れていますが、取り付けたままでも収納できそうです。
が、羽が引っかかると嫌なので、外しています。
そのおかげもあって、何とかギリギリプロペラに送信機が擦れないで入ってくれますが、結構キツキツにです。

マビック2フライモアキット11

蓋の内側にパワーバンクアダプターを入れいます。
チャックになっているので、飛び出てくることもありません。

マビック2フライモアキット12

蓋を締めたら、正面の大きいポケットに予備プロペラを入れます。
元々開封した時に、この場所に入っていたので、ここは問題なく入りました。

マビック2フライモアキット13

【結果】
・全部入らない
・入れ方によっては部品同士が擦れあう


写真に写っているオプションは、入らなかったものです。
多少カバンが大きくなってもいいので、全部入って欲しかったのですが、ちょっと飛ばしに行くとかだったら全然入るので、良いと思います。
旅行に行った先やちょっと遠出した時は、充電器が必要になってくるので、別ポーチに入れないといけないのかなって思いますね。

マビック2フライモアキット4

DJIからMavic 2の本体ケースが出ているので、本体だけこのバッグに入れると、オプション類はショルダーバッグに入れることもできるので、購入時の参考にしていただければと思います。

今回の動画はコチラ↓


[編集]
関連記事


大切なお友達のブログ

マウスを重ねると紹介文が出ます。

★Tom's Moderu ラヂコン記

★プンの マジメ と ゆるゆる の あいだ

★うさの羊毛ハンドメイド

最新動画情報

マイページ人気

 

お買い物は楽天で!

カスタムCSS

プロフィール

  うさぎゆう
ご訪問ありがとうございます♪
うさぎゆうです🐰
ミニ四駆、ラジコン、ドローン、ステッカー、羊毛フェルト、フェイクスイーツetc..
私の趣味をゆるーく書いています📝
YouTubeもやってます☆彡チャンネル登録お願いします💛
【うさぎゆう】検索♪