FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

輸入大豆には遺伝子組み換えの不安がある?!

2014/07/01 11:00



豆腐、塩化マグネシウム含有物(にがり)の表示のものを買いましょう!

豆腐は安全な食品なのでしょうか・・・

食べ合わせ49

特に、不安な添加物はありませんが、気を付けたいのは原材料のダイズです。

国産大豆使用と表示がしてあっても、実は原材料の大豆の一部にしか国産大豆を使っていない製造業者が多いのをご存知でしたか?

では残りは・・・というと、輸入大豆です。

輸入大豆といえば・・・遺伝子組み換え大豆の心配がでてきますよね!

そこで、豆腐の選び方・食べ方を紹介します!!

★選び方
・国産大豆100パセントの表示のもの
・塩化マグネシウム含有物と表示されている=にがり

★食べ方
購入後、すぐパックから出して、水につけます。
凝固剤や消泡剤など水に溶けだし、にがりの臭さもとれて美味しくなりますよ!
すぐに食べない場合は、タッパーウエアなどに水を張り、移し替えて冷蔵庫で保管しましょう。

参考になればうれしいです!!
[編集]
関連記事

食べ合わせることでヘルシー効果パワーアップ!?

2014/06/15 11:00


オリーブオイルとトマトで抗酸化作用が倍増!!


食べ合わせ1
トマトとオリーブオイル和え


トマトの赤い色素に含まれているリコピンの吸収率を格段にアップしてくれるのがオリーブオイルなのです!

トマトの優れた薬効は古くから知られており、トマトが赤くなると医者が青くなるという言葉もあるくらい、完熟トマトにはカロテンやビタミン、カリウムが豊富に含まれています。

また、リコピン非常に強い抗酸化作用を持つことが近年になってわかり、生活習慣病予防や老化防止の役立ちます。

因みに、リコピンの抗酸化作用はビタミンEの100倍、ベーターーカロチンの2倍とも言われ、老化やガンの原因となる活性酸素を抑えてくれます。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、血中のコレステロール値を下げる下げる働きがあり、酸化しにくい特徴を持っています。

そのことから、発がん性のある過酸化脂肪酸を作りにくいと言われています。

オレイン酸含有量オリーブオイル約70%、ゴマ油約40%、菜種油約61%と各種オイルの中でも、オリーブオイルが最も高い含有量であることがわかりますね!

参考になれば嬉しいです★

[編集]
関連記事

ねばねば食品で健康な体つくりを!

2014/06/14 11:00



ねばねば食品は健康と長寿の強い味方!!

食べ合わせ2

朝食を食べないで、お昼にファーストフードのような糖質と脂質を中心とした食事を摂ると、血糖値が急激に上昇してしまいます。

暴飲暴食を繰り返し、多量の飲酒や喫煙の習慣があると、すい臓の病的な老化を招き、最終的にはすい臓でインスリンを作る機能が低下してしまいます。

体内で血糖値を下げる物質はインスリン以外に存在しません。


ですので、膵臓が老化しインスリンが作り出せなったら、正常な糖代謝を行うことができなくなり、糖尿病や動脈硬化の危険性が高くなります。

そこでオススメしたいのが納豆・オクラ・ヤマイモ・蜂蜜などのネバネバ食品です!

粘り成分は血糖を包んで糖の吸収を遅らせる働きがあります。

さらに、タンパク質の消化吸収を助け、消化不良を防ぎ、胃炎や胃腸炎、風邪などの予防にも効果的ですよ!

アンチエイジング・糖尿病予防・健康な体を維持するためにも意識して摂りたい食品ですね!!

参考になれば嬉しいです!

[編集]
関連記事

食べ合わせ~二日酔い防止の特効薬~

2014/06/12 13:19



ビールとキムチの組み合わせ

食べ合わせ3


食べ合わせ4


キムチに含まれているナイアシンはアルコールを分解し、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解する作用を持ているので、悪酔い防止の効果があります。

さらに栄養ドリンクなどでおなじみのタウリンも豊富に含まれています。

タウリンは肝臓機能を高めて解毒作用を強化してくれます!

また、ナイアシンは脂肪の代謝をよくする効果があり、脂肪燃焼作用をもつカプサイシンを含んでいます。

ビールなどを飲むときに、から揚げなどの脂っこいおつまみを食べる人にもキムチはオススメですよ🌶

因みに・・・
キムチの臭いが気になる方は、二日酔い止めならカツオやマグロ、肝臓機能を高めるならホタテやアサリを食べるといいですよ!!

参考になれば嬉しいです!


[編集]
関連記事

健康の天敵?!飽和脂肪酸をリンゴでブロック!!

2014/06/11 13:02



ステーキとリンゴの食べ合わせ

食べ合わせ5

肉類の脂肪などに含まれる飽和脂肪酸は、凝固温度が高いため体内では個体のまま存在しています。

コレステロールや中性脂肪を増加される働きがあり、血中に飽和脂肪酸が増えると動脈硬化を招く恐れもあります。

本来エネルギー源として重要ですが、近年の日本では飽和脂肪酸の摂り過ぎによる肥満や生活習慣病の増加が問題になっています。

牛のサーロインは、200g中の飽和脂肪酸が約33gもあり、その量は肉類の中でも際立っています。

そこでおすすめの組み合わせはリンゴです。

リンゴにまれる食物繊維には水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれています。

ペクチンは大腸の乳酸菌を増やし、有害物質を体外に排出する働きをしてくれます!

このペクチンは皮部分に多く含まれるため、皮つきのまま食べることをオススメします。

さらに、善玉コレステロールを増やしてくれるので、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病予防にも効果的ですよ。

そのほかにも、痔の予防、食べすぎの防止、虫歯予防などの効能があろそうです。


因みに・・・
リンゴには腸内作用もあり便秘の時は便を柔らかくし、下痢の時は便を硬めにしてお腹の状態を整えてくれますよ♪

参考になれば嬉しいです!

[編集]
関連記事


大切なお友達のブログ

マウスを重ねると紹介文が出ます。

★Tom's Moderu ラヂコン記

★プンの マジメ と ゆるゆる の あいだ

★うさの羊毛ハンドメイド

最新動画情報

マイページ人気

 

お買い物は楽天で!

カスタムCSS

プロフィール

  うさぎゆう
ご訪問ありがとうございます♪
うさぎゆうです🐰
ミニ四駆、ラジコン、ドローン、ステッカー、羊毛フェルト、フェイクスイーツetc..
私の趣味をゆるーく書いています📝
YouTubeもやってます☆彡チャンネル登録お願いします💛
【うさぎゆう】検索♪