黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

週刊ロビ2~キューボ完成間近!~48号・49号

2018/05/23 02:00



週刊ロビ2、今回は48号と49号が届きました!

ロビ2 48号・49号 1

今回は48号の特別付録でロビの絵本がついていました!

では早速それぞれ開封して制作してきますね♪


【ロビ2 48号】
制作内容:絵本スタンドを組み立て始める

ロビメカニズム事典:Q-boでタッチして読み取る「見えないドットコード1」
キューボは足元の円柱部分にドットコードリーダーというドットコードを読み取る専用スキャナーが搭載されています。
このドットコードを読み取ることでその内容について話したり、ロビに情報を伝えています。
このドットコードは今回の特別付録「ロビのぼうけん」の絵本にも印刷されていて順次提供されるオリジナル絵本や英会話教材などに印刷されてるそうです。
付属していた絵本には日本語と英語が描かれていて、目で見る限り、ドットコードリーダーがどこに書かれているのかわからないです。
で、ここでは、ドットコードがどうやって印刷されたり、キューボが読み取ったりしてるのかが書かれています。

ロボットデザインの裏側:戦わないロボット「平和の方程式」樋口雄一さんのお話が書かれています。
樋口さんは大ヒットのオリジナル・トイ・シリーズ「ミクロマン」に携わったり、伝説巨神イデオンなどロボットデザインでも有名な方なんですよ。
この世界に入られたきっかけやデザインについて書かれています。
中国から依頼されて2017年に販売されたコロンという可愛い女の子のロボットをデザインされたとき、あくまでもデザイン重視でサーボモーターは後から新しく開発されたそうです。
デザインするうえで、どうしても中身の構造上妥協しないといけない点ってあると思うんですよね。
でも、それが無くデザインに合わせて中も開発されたという事に驚きました。

にっぽん全国:ロビさんぽ
群馬県の高崎だるまです。
高崎だるまは、まゆげが鶴、鼻から口ひげがカメが描かれているんですが、そのことから「縁起だるま」や「福だるま」とも言われていますよ。

ロビ2 48号・49号 2

48号の付属パーツを組み立てます。

ロビ2 48号・49号 3

組み立てたのがコチラです↑
左のカバーを作っているので、恐らく右も出てくるはず・・・ww


【ロビ2 49号】
制作内容:Q-boの内部を組み立てる

ロビ・メカニズム事典:Q-boでタッチして読み取る「見えないドットコード2」
49号ではドットサイズ直径が約0.05mmという非常に小さな点なんですけど、この小さいドットコードにどうやって情報を持たせているのかが書かれています。

にっぽんロビさんぽ:宮城県 南三陸さんさん商店街
サンサンと輝く太陽のように笑顔とパワーに満ちた南三陸の商店街にしたいとのコンセプトのもと仮設商店街としてオープンしていたんですが、東日本大震災から6年を経た2017年3月3日に
本設オープンされたそうです。
ここでは町の名物モアイ像🗿とオクトパス君🐙がロビと一緒に写真に写っています。

ロビ2 48号・49号 4

49号の付属パーツです。

ロビ2 48号・49号 5

ほぼキューボが完成してきました!
キューボは全部で5号で完成するので、次回が最後です♪

早くキューボに会いたいですね!

今回の動画はコチラ↓





[編集]
関連記事

4K対応 セルフィードローン!Wingsland S6 ポケットインテリジェントドローン【開封編】

2018/05/22 00:59



YouTubeでは開封動画をアップしていましたが、ドローンを購入しました。

今回は、高級ドローンと同じくらいの高精度なフライトができるインテリジェントドローンです!


ドローンS6 1


こちら、ウィングスランドから販売されている、S6 ポケットインテリジェントドローンです。

海外のドローンの動画を見ていると、スパークやマビックエアの開封、フライト動画が多いのですが、
S6もおすすめドローンとして結構紹介されているのを見かけるんですよね。
セルフィードローンが欲しかったというのもあるんですが、4Kで画質も綺麗やしケース付きでカバンにそのまま入れてモバイルバッテリーで充電できるのでめっちゃ便利♪
ただ・・・
航空法の関係もあり、このS6のドローンは200g以上の重さがあるので、いろいろ飛ばすのに許可が必要だったり申請を出さないといけなかったりで、日本ではあまりはやらないのかな・・・なんて思いましたが今回試しに購入してみました。


というわけで、さっそく開封していきますね!
(開いちゃってますがw)

【内容】
・本体
プロペラ付きですが、プロテクトガード、プロペラガードの事ですが、ついていません。
別売りされているので、必要であれば後から購入するタイプになっています。
個人的には付いていて欲しかったなぁ・・・って感じですね💦
なので、こちらのプロテクトガード別で注文しました!

カラーは、全部で6種類あります。

ドローンS6 3

フレッシュオレンジ


ドローンS6 2


レモンイエロー


ドローンS6 5


迷彩


ドローンS6 6

グリーンブライト


ドローンS6 7

ブラック

ドローンS6 4


購入したのはメタリックシルバーです。
本当は迷彩かグリーンブライトが欲しかったんですが、売り切れでした(´。・ωq)(pω・。`)
デザインがサバイバルチックでかっこいいですよねー♡
個人的にはクールなデザインが好きなので、めっちゃS6の形タイプです!


・バッテリー
容量は1400mlAh 7.6Vで約10分のフライトと書かれていますが、体感ではもう少し短く感じると思います。


・充電器
マイクロUSBポートで充電できるので、モバイルバッテリーがあれば充電することができます。
出先でも充電できるので旅行先にもピッタリですね♪


ドローンS6 8

・ドライバー


ドローンS6 9


・スペアローターブレード
プロペラの事です。
+と-が2枚ずつついています。


・クイックガイド

ドローンS6 10


・ポータブルケース
ハードタイプでケースが付いているのいいですよね♪

以上が附属内容です。


【充電の仕方】
充電方法ですが、充電器にバッテリーをセットして充電します。
赤いランプが点灯したら充電中になっています。


今回はさらっと開封と充電の仕方を紹介しましたが、次回、本体の説明や特徴を書いていきますね。


今回の動画はコチラ↓



[編集]
関連記事

スーパーホットショット2012制作 Vol.4~リヤ&フロントサスペンションの組み立て~

2018/05/17 02:18



スーパーホットショット2012、前回の続きから作っていきます。

スーパーホットショット説明9

説明書9番、リヤサスペンションの組み立てをします。

スーパーホットショット2012 53

使うパーツはコチラです。

開封動画の時、TLサスシャフトは長さが合わなかったので、使用できませんでした。
なので、変更せずにそのまま使用します。


スーパーホットショット2012 54

組み立てたのがコチラ↑

スーパーホットショット説明10

説明書10番、リヤアッパーアームの取り付けをします。

スーパーホットショット2012 56

使うパーツはコチラです。
ステッカーが貼りたかったので、プラパーツの部分だけつけます。

スーパーホットショット2012 57

完成したのがコチラです。
つける向きに注意して組み立てています。

スーパーホットショット説明11

説明書11番、リヤサスペンションの取り付けをします。

スーパーホットショット2012 58

使うパーツはコチラです。
リヤドライブシャフトは金属と金属が重なって稼働するところなので、AWグリスを塗ります。

スーパーホットショット2012 59

旧車なので結構がたがたします。

スーパーホットショット説明12

説明書12番、フロントアップライトを組み立てます。

スーパーホットショット2012 60

アップライトは箱の中に入っている分を使います。
Dのパーツとは違うので、間違えないように注意しましょう。

スーパーホットショット2012 61

D6のパーツはピローボールを受ける向きがあるので、注意して入れます。
ドライバーは六角レンチの2.5mmを使っています。

スーパーホットショット説明13

説明書13番、フロントサスペンションの組み立てをします。

スーパーホットショット2012 62

使うパーツはコチラです。

スーパーホットショット2012 66

先ほどつけたピローボールは下向きになるように、取り付けます。

スーパーホットショット説明14

説明書14番、フロントサスペンションを取り付けます。

スーパーホットショット2012 67

フロントドライブシャフトはAWグリスを塗って組み立てます。


今回の制作動画はコチラです↓



[編集]
関連記事

スーパーホットショット2012制作 Vol.3~フロントギヤボックスの完成~

2018/05/11 22:37



スーパーホットショット 2012 今回はフロントギヤを完成させます!

スーパーホットショット説明6


説明書6番、フロントギヤの組み立てをします。

スーパーホットショット2012 47

用意するパーツはコチラです↑

スーパーホットショット2012 48

組み立て中、ベアリングが外れやすいので、落とさないように注意しています。

スーパーホットショット説明7

説明書7番、フロントギヤを取り付けます。

スーパーホットショット2012 49

用意するのはコチラ↑

スーパーホットショット2012 50

ここで使っているグリスはすべてミニ四駆のグリスです。

スーパーホットショット説明8

説明書8番、フロントギヤケースを組み立てます。

スーパーホットショット2012 51

用意するのはコチラです↑

ネジが入る所はタップを切っています。


スーパーホットショット2012 52

ネジを絞める時はしめたネジから対角の遠いところから閉めますよ。

これで、フロントギヤボックスが完成しました!


今回の制作動画はコチラ👇



続きを読む

[編集]
関連記事

スーパーホットショット2012制作 Vol.2~リヤギヤボックスの完成と詳しいギヤ比の説明~

2018/05/08 22:06



スーパーホットショット2012、前回は開封と考察&オススメオプションを紹介しましたが、今回から制作を始めていきます!


スーパーホットショット説明1

説明書1番のリヤのギヤの組み立てをします。

スーパーホットショット2012 27

用意するパーツはコチラ↑
ここではドライブギヤとデフキャリアを組み立てます。

セラミックグリスではなく、ミニ四駆のグリスを塗ります。
ミニ四駆のグリスの方が、細かいギヤに対応していて使いやすいですよ♪

ベアリングについているグリスですが、パーツクリーナーなどでグリスを洗い落とすと回転効率がものすごく上がるので速くなります。
ただ、摩耗が進みやすくなるので短命にはなってしまいます(;'∀')
例えば同じような車で競い合う場合は少しでもスピードを速くしたい!という時にはグリスを洗い落としてちょっとでも早く走るようにすることもできます。
ですが、今回依頼されているラジコンは飾り用又は遊び用なのでグリスは洗い落とさずに組み立てます。

スーパーホットショット2012 28

ドライブギヤとデフキャリアが完成しました!

スーパーホットショット説明2

説明書2番、リヤギヤの取り付けをします。

スーパーホットショット2012 29

使うパーツはコチラです↑

H1のパーツにバリが付いていたので、デザインナイフ又はヤスリで削って整えておきます。

ここでのポイントですが、ベアリングを差し込むときに置くまでしっかり押し込んでからギヤボックスジョイントの細くなっている部分が出てくるようにしてからEリングで止めます。

スーパーホットショット2012 30

リヤギヤが取りつきました。

スーパーホットショット説明3

説明書3番、リヤギヤケースの組み立てをします。

一番最初の開封動画で一部のネジをヘックスビスに変更するといっていましたが、スーパーホットショット2012 32

左:3×12mmタッピングビス
右:3×20mm丸ビス
上の写真の丸ビスに変更します。
タッピングビスではなくなるので、ネジの巻きが見て分かるように細かくなります。
細かくなるとネジが入っていきにくくなるので、先にネジ穴をきっておきます。
ABC HOBBY トリプルタップワン
ABC HOBBY トリプルタップワン 16875
コチラネジ穴を切る工具です。
ネジを切る目安ですが、7割くらい切っています。
※ただし、ヘックスビスに交換しないよ!っていう方は関係ないです。

スーパーホットショット2012 33

ネジを切る穴はこれです↑

スーパーホットショット2012 34

ネジ穴が切れたので、早速組み立てます。

スーパーホットショット2012 35

この合わせる瞬間、めっちゃ緊張しますw
ばらけないように指で押さえながら合わせていますよ。

スーパーホットショット説明4

説明書4番、ピニオンギヤを取り付けます。

スーパーホットショット2012 39

使うパーツはコチラ↑

スーパーホットショット2012 36

GTチューンというモーターはブラシが交換できるタイプになっています。
なので、摩耗してモーターが回らなくなったら交換してまた使えるようになります。

スーパーホットショット2012 37

↑これはまた別のモーターですが、一目見て、GTチューンとは違うのが分かりますよね。

スーパーホットショット2012 38

分かりにくいですが、中にブラシが入っているので、交換できないタイプは擦り減ったらモーターごと交換しないといけないです。


スーパーホットショット説明5

説明書5番、モーターを取り付けます。

スーパーホットショット2012 43

使うパーツはこちら↑

ここでは、13枚や15枚などピニオンの枚数に応じで説明が書かれています。
と言うわけでピニオンについて少し説明しますね。

ピニオンは枚数が小さい方が加速重視で、枚数が大きい方が最高速重視になっています。

このスーパーホットショット2012は、説明書に書かれていますが13~17枚までピニオンギヤが使えます。
枚数によってメリットとデメリットがあります。
13枚は加速が良いので曲がってからの立ち上がりは早いです。
ですが、最高速が遅くて伸びが悪いので直線が長いところでは置いていかれてしまいます。
その反面、最高速が遅い分モーターへの負担は少ないです。

一方、17枚の方は加速は悪いけど伸びはめちゃめちゃ良いので車の最高速はかなり速くなります。
その為、低いピニオンよりも速く走ることができます。
ですが、その分モーターの負担も大きいので焼けてしまうことがあります。

続いて説明書を見ていくとセットプレートのつけ方が書かれています。
これは13~17枚までつけ方がそれぞれ書かれていますが、14枚だけ付け方が書かれていません。
じゃぁ、どうやって付けるのか・・・16枚のつけ方の反対枚数をつけるといけます。

更に説明書を見ていくと、ここでギヤ比というものが書かれています。
モーターを交換する場合、例えばギヤ比11~8.5対応と書かれていたとします。
その数字に近いものを探すと13~15枚の間がそのモーターで使えるということになります。

スーパーホットショット2012 42

もう一つ例をあげて説明しますね。
コチラ上の表で、ブラシレスの17.5ターンに変えるとします。
表で見ると17.5ターンのオフロード4WDなので、1:7.5と書いています。
これに近い数字を今度は説明書で探すと17枚の1:7.680が近いのでこれを使うことができます。

このようにモーターとピニオンの関係には適正ギヤ比というものが存在するので、そのモーターにあった適正なギヤ比を選ぶということです。

スーパーホットショット2012 44
スーパーホットショット2012 45

これで、モーターが付きました↑

次回に続きます。

ここまでの制作動画はコチラ👇




今回使用した工具や道具はコチラ👇
[編集]
関連記事

週刊ロビ2~キューボの謎が明らかに?!~46号・47号

2018/05/08 01:42



久しぶりのロビ2ですが、今回は46号と47号が届きました♪

ロビ2 46号・47号1

今回はキューボの体のパーツが入っていましたよ♪
キューボは50号で全てが完成するので後もう少しだと思うとワクワクしますね!
では、早速中身を見ていきます。

ロビ2 46号・47号4


【46号の内容】
ロボットへの感情移入とロボットになりたい願望、スプツニ子!さんとの対談が書かれています。
まだまだ開発中のロビ2ですが、ロビを作っていくなかで、自分の分身、子供・・・ではないですが、愛情が芽生えてきています。
スプツニ子!さんのようにロボットになりたい気持ちは共感できないですが、物を大切にするという気持ちはすごく共感できますね。

46号では、Q-bo大解剖!という事で、今まで謎に包まれていたキューボ、冊子の後ろの四コマ漫画に登場していただけで、一体何が出来るのか?と思っていましたが、ロビのサポート、絵本の読み上げ、英会話レッスン、オリジナルボードゲームなどいろんなことが出来ます。
因みにキューボはバイリンガルなので日本語と英語を話すことが出来ます。
これからまだまだキューボについて詳しい説明があるので楽しみですね♪

ロビさんぽ:奈良県 金魚電話ボックス
以前にもお話したと思いますが、奈良県出身なんですよね。で、この金魚電話ボックス実際に見たことは無いのですが、テレビかな・・・?で見たことはあります。
これ、トリックアートじゃなくて実際に金魚が電話ボックスのガラス面で泳いでいるんですよね!
初めて見るとびっくりしますが、金魚のアクアリウムみたいでなんだか素敵です✨
ですが、現在ではこの金魚電話ボックス撤去されたので見ることが出来ません(T_T)

ロビ2 46号・47号5

46号では、充電制御ボードに充電プラグケーブルを接続します。

ロビ2 46号・47号6

作業は以上ですw
簡単ですが、重要なパーツなのでほこりが付いたり、汚れたりしないようにプチプチやジップロックに入れて傷がつかないように保管しておきます。

ロビ2 46号・47号2

【47号の内容】
AIの発展とロボットの自然対話とは?という事でスプツニ子!さんとの対談後編が書かれています。
今までロビって自分の考えで文章を一から考えて作っているわけじゃないんですよね。
なのでレパートリーとなるコンテンツを大量に覚えさせないといけないんだそうです。
その方が自然な会話が出来るんですよ。
ロビ2と会話ができる日を楽しみにしているんですが、まだまだこれからも開発が進んでいくみたいなので、どんな風になっていくのか楽しみですね。

ロビさんぽ:静岡県 お茶摘み
ロビのお茶摘み姿がすごくかわいかったです♡
お茶は飲む以外に、新芽を天ぷらにして食べると書かれていました!
めっちゃ美味しそうですよね!!

ロビ2 46号・47号7

47号では、キューボの外観を組み立てていきます。

まだバラバラの状態ですが、既になんだか可愛いですね♪

ロビ2 46号・47号8

上のバッテリーは今回の作業では使わないので大切に保管しておきます。

ロビ2 46号・47号9

完成したのがコチラです↑

可愛い!早く完成させたい!!

次回の号が楽しみです♪


今回の制作動画はコチラ↓



[編集]
関連記事

RCスーパーホットショット2012~考察&オススメオプション~Vol.1 後編

2018/05/05 17:00



RC スーパーホットショット2012、前回は開封編でしたが今回は考察とオススメオプションについて書いていきますね。

まず用意するものから紹介します。

スーパーホットショット2012 12

サテンシルバー PS48
輝きのある銀にしたいのでサテンシルバーを使います。

スーパーホットショット2012 11

裏打ち用に使う ブラック PS5

スーパーホットショット2012 9

ヘックスネジ
ヘックスネジに変えると締めやすくなり、また見た目の向上、人によっては軽量で使う方もいます。
ネジは物によって2袋購入しないと足りないものもあるので、本数に注意して用意しましょう。

【購入したヘックスネジはコチラ↓】
3×6mm 6本 NSR306
3×8mm 12本 NSR308
3×8mm 皿ビス 4本 SSR308
3×10mm 3本 NSR310
3×10mm フランジ2本 FTR310
3×12mm 26本  NSR312 2セット
3×12mm フランジ2本 FTR312
3×15mm 2本 NSR315
3×20mm 6本 NSR320
3×27mm 5本 NSR327
3×30mm 4本 NTR330


ネジ穴が六角になっているので、2mmのヘックスドライバーを用意しておきます。



次に一番最初につけるオススメのオプションを紹介します。

スーパーホットショット2012 13

ピニオン 17枚 TGE-917 スクエア―
ギヤ比は、7.68でスーパーホットショットは13~17枚つけれるので一番早い17をつけます。
付属の物はアルミを使っているので、すぐに削れて銀の粉がグリスとくっついて汚くなったり、色んな所にまとわりついたり、削れたギヤで、他のギヤを引っかいてしまうので、スチールに交換して摩耗を防ぎます。
特に速いモーターの時は、スチールにピニオンに交換します。


スーパーホットショット2012 5

TRF コンペティションOリング 8個入り 42137
純正の赤の物は、膨張したり、カピカピになったりして、ダンパーの動きが悪くなりスムーズに動かなかったり、オイル漏れがあります。
せっかくのオイルダンパーなので、それを生かすためにTRFのOリングを使います。
これに交換すると見違えるように動きがスムーズになって、オイル漏れもめっちゃましになります。
TRFダンパーは勿論ですが、普通のCVAオイルダンパーも、これに交換しても効果があるので、走るうえでオススメの商品です!

スーパーホットショット2012 8

ネジロック剤 OP1032
金属と金属のネジの止めている部分のゆるみをなくして、外れにくくするものです。
スーパーホットショットを作るにあたって、いくつか塗るように指示があるんですが、別売りになっています。
なので、持っていないからと言っていちごジャムを塗っちゃだめですよw

スーパーホットショット2012 10

ハイトルクサーボセイバー SP1000
純正の物ではハンドルを切った時に、ハンドルが元の位置に正確に戻ってこなくなるので、この部品に交換してしっかり戻ってくるようにします。

スーパーホットショット2012 3

右側のサーボはプラスチックのサーボです。
左側のサーボはメタルのサーボです。

私個人的には、ハイトルクサーボセイバーが必須アイテムなのですが、初めてラジコン走らせるとか、まだラジコンの操作に慣れていないという方は右側のプラスチックのサーボの可能性があります。
ハイトルクサーボセイバーにプラスチックのサーボをつけると、車をぶつけた時にサーボ自体割れてしまう恐れがあります。

スーパーホットショット2012 4

その時は上の写真のような純正のサーボボンをオススメします。

サーボがメタルの場合は、車をぶつけた時にプラスチックのサーボに比べて割れにくいです。
なので、メタルのサーボを使っている方は、ハイトルクサーボセイバーが必須になります。

まとめると、ハイトルクサーボセイバーを使うと車の動きがより正確に動くようになるので操作がかなりしやすくなります。
ただ、プラスチックのサーボにハイトルクサーボセイバーをつけると、車をぶつけた時にサーボが割れやすくなるのが嫌!
という事で、純正のサーボセイバーをつけると、動きが悪くなって操作しにくいのでよりぶつけやすくなる、初心者で運転上手になりたいのに操作が難しくなる・・・これって矛盾してるなって思うんですが。
ただ、純正のサーボセイバーでも改善方法があるので、それは作成中に説明します。


スーパーホットショット2012 7

TLサスシャフトセット OP 301
※後日作成中に分かりましたが、こちらのサスシャフト、スーパーホットショットでは使えなかったです。
スーパーホットショットに付属されている3×32mmスクリュー 6本と3×46mmスクリュー 4本交換するために、上のTLサスシャフトセットを2袋購入します。
これは何で変えるかというと、もともとついているスクリューピンやと左後ろと右前のネジが走行の振動とともに緩んでいくんですよね。
そのゆるみによって外れてしまう恐れがあります。
ネジが外れてしまうと、足まわりの部品がバラバラになって部品を無くしてしまったり、タイヤやラジコン本体を傷つけて壊してしまうかもしれません。
なので、これに交換して外れにくくします。
ただ、デメリットもあってこちらの部品Eリングで止めるので外すときネジみたいに簡単に外れないのでちょっと面倒です。
ですが、私も依頼してきた友人も交換せずにパーツを失くしたり本体に傷がついて壊れるのが嫌なので、交換します。

最後にこちらは売り切れていたので、購入できなかったのですが・・・

スーパーホットショット2012 26

3×32ターンバックル 2本 OP1249
若干青くなるので見た目のドレスアップです。
締めやすくはなりますが、調整とかしないので必要性はこの車にはないと思います。


以上が前編と後編に分けて書いた、スーパーホットショットの内容と一番最初に買ったらいいオプションの紹介です。

今回は何度も言いますが、友人の依頼品で飾るように作るので走行動画は残念ながらありませんので、制作動画だけになります。
が、今回も一つ一つ丁寧に作っていきたいと思うので、良かったら制作の方も見て下さいね♪



今回の開封&考察&オススメオプション動画はコチラ↓




今回記事で紹介したパーツはコチラ↓

[編集]
関連記事

RCスーパーホットショット2012~開封~Vol.1 前編

2018/05/05 03:40



別の友人からラジコン作成の依頼が来たので、紹介しますね♪

今回のラジコンは1986年に発売されたホットショットのアップグレード版です。

ホットショットをベースに当時オプションとして発売されていたCVAオイルダンパーを前後輪に計四本独立して搭載し、車体の底にはアンダーカバーがついていて、当時ベアリング価格8,100円もしたものが装着されています。

モーターもマブチ製の高回転型モーターで、価格は4,500円もするRX-540 SD テクニパワーにアップグレードされています。

加えて、ホットショットのキットには同梱されていなかった金メッキホイールピンスパイクタイヤも標準で入っているそうです。

これが今回紹介する・・・

スーパーホットショット2012 1

スーパーショットです。

このスーパーショットですが、元々高額であったホットショットに、これだけのオプションパーツを同梱したことから販売価格が29,800円という、めちゃめちゃ高額になっていました。

1970年代以降、当時の小学生、中学生にラジコンブームがあったのですが、お金持ちの家の子供が持っているという状態で、簡単に買える車ではなかったそうです。
なので、知り合いの方は指をくわえてみてるようでした。
走る姿はかっこよかったみたいですよ✨

ただ、この車には欠点があって、ホットショットのバンプステアという車体が下がるとフロントのタイヤが広がる仕組みになってて、曲がりにくくオプションのおかげで重い車になってしまっているそうです。

このことから、各部を根本的に改良して低価格化を実現したラジコン ブーメランが後に発売されました。

2012年2月に26年振りの復刻版が発売されました。

モーターがGTチューンモーターリヤダンパーステーがFRP製に変更されて、商品名もスーパーホットショットに変更されました。

この車は飾るよに依頼されたので、メカは積まずに作っていきます。
オプション的なものは全て揃っていますが、細かい所は変更します。
ビスはヘックスビスに変更してピニオンはスチールに交換します。
なので、依頼としては、飾るように作りますが、いつか走らせるのかなぁ・・・?って感じの仕様になっています。
ボディの塗装は、サテンシルバーで輝きのある銀って感じの色に塗っていく予定です。

では、先に開封していきます。

スーパーホットショット2012 2

蓋を開けるとこんな感じです。

スーパーホットショット2012 19

足まわりのパーツです。
ビッグウィッグの時は、青色でしたね。

スーパーホットショット2012 16

ギヤボックスです。

スーパーホットショット2012 21

シャーシです。
よく見ると、シャーシに人の体を発見Σ(゚д゚|||)
シャーシごと塗装するようです。

スーパーホットショット2012 14
スーパーホットショット2012 15

ステッカーです。
後ろには網目のシール?のようなものが入っていました。

スーパーホットショット2012 17

ルーフです。
ビッグウィッグの時は黄色でしたが、スーパーホットショットはブラックです。

スーパーホットショット2012 18

オイルダンパーです。
ビッグウィッグの時と同じで黄色ですね。

スーパーホットショット2012 22

ホットショットにはなかった、アンダーカバーです。

スーパーホットショット2012 23

タイヤと金メッキのホイールです。
めちゃめちゃ金ぴかのホイールを見るとテンション上がりますね(*´∀`人 ♪

スーパーホットショット2012 24

ポリカボディとアンテナです。

スーパーホットショット2012 25

説明書です。

次回の記事で考察やオススメのオプションについて書いていきますね。

今回の開封動画はコチラ↓





[編集]
関連記事

格安GPS付き!セルフィードローン C-me ~アプリの使い方~

2018/05/02 08:00



前回はC-me 開封編を書きましたが、今回はアプリの簡単な説明や感想を書きますね。

まず最初に、C-meのアプリについて紹介しますね。

C-me3.png

c-me camera
このアプリを使って操作します↑

アップルストア又はGoogle playで検索してDLします。

ダウンロードできたらc-me cameraを立ち上げます。

C-me4.png

地域を選びます。
日本なのでAsiaをタッチします。

C-me5.png

すると説明が始まります。
Nextをタップすると次に進みます。

C-me6.png

良い場所でフライトしましょうと書かれています。

C-me7.png

禁止事項が書かれています。

C-me8.png

アームの広げ方が書かれています。

C-me9.png

プロペラガードの取り付けが書かれています。

C-me10.png

C-meの電源をONにします。

C-me32.png

携帯の設定でWi-Fi設定を「C-me (シリアルナンバー)」に接続します。
※初期設定のパスワードは、12345678です。

このパスワードは説明書にも書かれていますよ。

C-me11.png

アプリ内の説明でもC-meのWi-Fiに接続してくださいと出てきます。

C-me12.png

室内フライトか屋外フライトか、カメラの調整をしていきます。

C-me13.png

スタートしたらロックを解除してくださいと表示されています。

C-me14.png

キャリブレーションを聞かれるので、イメージ図通りに行ってくださいと書かれています。

C-me15.png

室内か屋外か聞かれます。

C-me17.png

インドアはドリフトと言って少し機体が流れる設定になっています。

C-me16.png

アウトドアにするとGPSの感度の説明が書かれています。
右に行くほど電波が強くなります。

C-me18.png

Take Offで上に飛んでいきます。

C-me19.png

左側の上下のスライドを動かすとドローンの上下の調節をしてくれます。

C-me20.png

右側に丸い円が表示されます。これは右スティックなので、前後左右の動きをしてくれます。

C-me22.png

真ん中で左右の旋回ができると書かれています。

C-me21.png

カメラマークで写真を撮ることができます。

C-me23.png

写真が綺麗に撮れる位置は、3Mくらいがベストだと書かれています。

C-me24.png

Landをタッチすると着陸できます。

C-me25.png

C-meは帰ってくるモードが自動であるので上昇して元いた位置に向かってくれると書かれています。

C-me26.png

エマージェンシーは緊急停止ボタンです。
発動は長押しします。


C-me27.png

詳細またはこのスライドショーをもう一度表示するには、(設定/ヘルプ)メニューに移動すれば見ることができると書かれています。

Exitを押すと・・・

C-me28.png

コチラの画面が表示されます。

まだまだ分からない事だらけなのですが、少しいじっていて分かったことを書いていきますね。

設定ボタンを押すと撮影した写真をすぐにSNSにUPすることができます。

C-me29.png

C-me30.png
C-me31.png

Twitter、Google+、YouTube、Instagram、Facebookにすぐにアップできます。

カメラの横のライトですが、フラッシュでした。
結構この光まぶしいんですよね💦
アプリの⚡マークでON/OFFにできます。
が、写真を撮ったら点滅するので結局まぶしいですww


メモリーカードについてですが、前回の記事で16GBのメモリーカードと書かれていましたが、32GBのメモリーカードも使えました!
SDカードを刺さなかったら、携帯に保存されます。
メモリを刺して撮影した場合、フォルダを開くとビデオ(動画)、フォト(写真)というファイルが出来ていました。
撮影日もちゃんと撮影した日付になっていたので、後から整理するときにも便利です!

C-me SD写真

上の写真は、実際にフライトさせず台に置いて撮影した写真です。
(今回はIOSで検証しています。)
室内なので結構暗いです(;'∀')

実際にフライトしたところも撮影できればなあと思っています。

因みにですが、C-meはカメラがついている面が後ろになります。


今回の動画👇



[編集]
関連記事

セルフィードローン C-me ~開封編~

2018/05/01 20:47



DJI Telloがいつ届くか分からなかったので、セルフィードローンを紹介します。

※結局テローと同じ時期に届いたので同時に紹介しています。

C-me1.jpg

C-me 8MP 1080P HDカメラ GPS高度保留モード 折りたたみ式 RCクアドコプター

商品名は長いですが、「C-me ドローン」で検索すると出てきます。

では早速中身を見ていきます♪

C-me33.jpg

【中身】

・C-me 本体
アームを折りたたんで本体内部に収納できるので超コンパクトです♪

・プロペラガードガード 1セット

・スペアプロペラ 1セット

・USBケーブル

・電源アダプタ

・マニュアル類

以上が入っていました。


続いて、特徴について簡単に説明しますね。

【特徴】

まずは本体の説明からしていきますね。今回購入したC-meはブラックですが、他にも色んな色がありました。

C-me2.jpg

ブラック、レッド、パープル、グリーンの4色です。

先程アームを折りたたんで収納できると説明しましたが、重量は130g、バッテリーは750mAh 7.6V 2SLiPoでフライト時間は約10分と書かれていました。

送信機は元々ないので、スマホまたはタブレットで操作します。

カメラは、有効画素8メガピクセルです。
因みにテローは5メガピクセルなのでC-meの方が少し画素が良いです。

画像解像度は3264×2448P、ビデオの解像度は1080Pの30フレームです。

レンズFOVは70度、カメラピッチは制度は-90~0で手動調整、なので手でカメラの角度を変えることができますよ♪

電子画像安定化が付いてるので手振れ補正が付いています。

写真撮影モードはシングルショット、ディレイタイマーは3秒と10秒。

バーストショットは、3、5、10、15画像と書かれていました。

EV範囲は-3~3、写真はJEPGでビデオはMP4で16GBmicroSDカードです。

GPS搭載ですが、底部にビジョンセンサーはないので室内での飛行は安定しにくいです。

けどGPSのおかげで屋外での広い場所で高度10m以下での空撮や自撮りを楽しむには最適のドローンです。


【充電の仕方】
本体をケーブルに刺して充電します。
充電中は緑のランプが点灯、充電後はランプが消えます。


初期充電もあったので正確な充電時間は分かりませんが、初期充電含め1時間以上かかっています。

今回は開封のみの記事でしたが次回アプリの使い方や実際に操作してみた感想を書きますね。

開封動画はコチラ👇




[編集]
関連記事


大切なお友達のブログ

マウスを重ねると紹介文が出ます。

★Tom's Moderu ラヂコン記

★プンの マジメ と ゆるゆる の あいだ

★うさの羊毛ハンドメイド

最新動画情報

マイページ人気

 

お買い物は楽天で!

カスタムCSS

プロフィール

  うさぎゆう
ご訪問ありがとうございます♪
うさぎゆうです🐰
ミニ四駆、ラジコン、ドローン、ステッカー、羊毛フェルト、フェイクスイーツetc..
私の趣味をゆるーく書いています📝
YouTubeもやってます☆彡チャンネル登録お願いします💛
【うさぎゆう】検索♪

カテゴリ

★iPad Pro10.5インチ (3)
★iPhone6s 64GB (5)
ケース (1)
保護フィルム (1)
スクリーンショット (2)
★iPhone アプリ (29)
写真・動画 (15)
セキュリティー (6)
便利機能 (8)
★COZMO (1)
★ドローン (28)
DJI (7)
EACHINE (5)
パロット マンボ (6)
Hubsan (4)
Linxtech (1)
Holy Stone (2)
C-me (2)
Wingsland (1)
★kindle paperwhite (1)
★fire7 (1)
★撮影道具 (16)
ターンテーブル (3)
カメラシャッターリモコン (2)
三脚 (3)
マイク (5)
カメラ (2)
★制作 (35)
ロビ2 (35)
★ミニ四駆 (8)
新商品 (2)
道具 (6)
★FM-Aシャーシ (6)
ラウディーブル (4)
ナイトハンター (1)
バロンビエント (1)
★MAシャーシ (32)
ジルボルフ (22)
トライゲル (5)
マッドレイザー (1)
フェスタジョーヌ (1)
★スーパーⅡシャーシ (3)
The BIG WIG (2)
★VSシャーシ (12)
サンダードラゴン (0)
ファイヤードラゴン (2)
スピンバイパー (7)
白コペン (1)
★ARシャーシ (7)
エアロアバンテ (1)
エアロ マンタレイ (5)
★ラジコン (26)
BIG WIG (14)
TOP-FORCE 2017 (7)
スーパーホットショット2012 (5)
マンタレイ2018 (0)
★ラジコンステッカー (4)
オオカミ (4)
★YOGA BOOK (2)
★ゲーム実況 (25)
SSDカスタム (3)
Play Staion VR WORLDS (4)
FINAL FANTASY15 (1)
BIOHAZARD 7 (13)
ファミコン (1)
ニンテンドー (3)
★羊毛フェルト (33)
キャラクター (0)
アナと雪の女王 エルサ (0)
刀剣乱舞 鶴丸国永 (0)
刀剣乱舞 蛍丸 (0)
ゼルダの伝説 リンク (0)
妖怪ウォッチ ジバニャン (0)
妖怪ウォッチ コマさん (0)
妖怪ウォッチ ジバコマ (0)
妖怪ウォッチ USAピョン (0)
ふなっしーシリーズ (0)
ふなっしー フィギュア (0)
リラックマ (0)
ブローチの作り方 (0)
くまのブローチ (0)
猫のワッペン (0)
不思議の国のアリス 白うさぎ (0)
不思議の国のアリス アリス (0)
不思議の国のアリス ハートの女王 (0)
不思議の国のアリス ディーとダム (0)
ハロウィン くま (0)
クリスマス うさぎ (0)
ハムスター (0)
うさぎ (0)
クマ (7)
ひよこ (0)
きのこ (0)
ネコ (0)
ONEPEACEキャラ フランキー (0)
動物の赤ちゃんの作り方 (11)
フェルトボール (11)
キット作品 (3)
スイーツ (1)
羊毛道具・材料 (0)
羊毛フィギュア 台座 (0)
★樹脂粘土 (2)
樹脂粘土道具 (2)
フェイクフード (0)
トースト (0)
マカロン (0)
カップケーキ (0)
ケーキ (0)
ルーベラ (0)
パンケーキ (0)
ハートのパンケーキ (0)
バームクーヘン (0)
エクレア (0)
クランベリー (0)
ラズベリー (0)
ブルーベリー (0)
いちご (0)
ミントの葉 (0)
キウイ (0)
バナナ (0)
キャラメル (0)
ゼリー (0)
チュロス (0)
EAT ME クッキー (0)
チョコレート (0)
アイスクリーム (0)
ドーナツ (0)
アイスサンド (0)
タルト (0)
帽子 (0)
シュークリーム (0)
ベリーパイ (0)
シフォンケーキ (0)
いちごミルフィーユ (0)
レーズンサンドのキーチャーム (0)
ハロウィン (0)
ブッシュドノエル (0)
★フェイクスイーツ (0)
ニコラシャール うさぎシュークリーム (0)
フレンチトースト専門店アイボリッシュ (0)
デリス デュ パレ (0)
キルフェボン (0)
ミスタードーナツ (0)
バンデロール クロナッツ (0)
ゴンチャロフ アニマルショコラ (0)
モエナカフェ パンケーキ (0)
ニンジンケーキ (0)
★フェイクスイーツ パブロシリーズ (0)
いちご大福チーズタルト (0)
濃厚チョコチーズタルト (0)
たっぷりオレンジのチーズタルト (0)
いちごとピスタチオのチーズタルト (0)
焼きたてパインチーズタルト (0)
桃とレモンクリームのチーズタルト (0)
2種のグレープフルーツチーズタルト (0)
紅芋チーズタルト (0)
サブレルチーズ 抹茶 (0)
チョコクランチ~チーズタルト味~ (0)
★UVレジン (0)
Drink me (0)
レジンアイ ハートの女王用 (0)
ハートの女王 ステッキ (0)
失敗談 (0)
レジン道具 (0)
★レザークラフト (0)
ミニチュア トートバック (0)
★未公開&NG集 (2)
★オビツろいど (0)
進撃の巨人 リヴァイ (0)
進撃の巨人 エレン (0)
オビツろいど化 (0)
壁外調査 (0)
★日記 (8)
★食べ合わせ (39)
オススメの食べ合わせ (7)
NGな食べ合わせ (4)
薬との食べ合わせ (0)
美容・ダイエット・便秘 (1)
頭皮・記憶力 (1)
リラックス・疲れ (13)
貧血 (4)
風邪予防 (3)
おすすめレシピ (4)
未分類 (0)