FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

Robi Ride~遂にロビライド来たよ!開封&制作編~【前編】

2019/02/28 20:48



遂に待ちに待ったあの商品が届きました♪

ロビライド1

RobiRide ロビライドです。
昨年の夏頃までの締め切りで、完全受注製品なので、今しか買う事が出来ない!と言われてだいぶ悩んで購入した、
ロビ&ロビ2専用のセグウェイのような乗り物です。
これ、完成したらロビが自分で乗り降りして遊ぶんです!
・・・・にしても、かなりパーツが細かいw
いつもロビ2を組み立てている量からするとまとめてロビライドのパーツが送られてくるので、結構ボリューム有ります。

コチラも動画製作をメインに作っていこうと思います。


まずは入っているパーツに不足が無いか確認して早速取り掛かります。

ロビライド2

まず最初にタイヤを組み立てます。
パーツが多いので、ちょっと挫折しちゃいそう・・・?なんて思ったりもしますが、ロビ2の組み立て説明書と同じで
写真付きになっているので、分かりやすいと思います。

ロビライド3

ハンドルを組み立てます。
ハンドルに付いているスイッチ、最初取り付けた時に結構パーツの隙間が開いていたので、心配だったのですが、
上手くつきました。

続きは次回の記事で書こうと思います。

★今回の製作動画はコチラから↓



[編集]
関連記事

週刊ロビ2 77号・78号~ロビ君めっちゃ脚震えてるよ?!~

2019/02/18 21:10


1か月ぶりのロビ2、今回は77号と78号が届きました♪

ロビ2 77号・78号1

では早速77号から見ていきたいと思います。

【ロビ2 77号】
(ロボットと科学の未来)
レーシングカーコンストラクター・童夢の創業者で、国産スーパーカー「童夢-零」を開発・デザインされた林みのるさんとの対談 前編について書かれいます。
ここでは日本レース界の黎明期のお話をされています。
正直なところ車には興味あるんですが、レーシングカーはそんなに詳しくないので、読んでも分からないことが多かったけど、童夢・84Cのデザインにはすごく惹かれました。

(にっぽん全国ロビさんぽ)
鳥取県の植田正治写真美術館にロビとキューボが訪れました。
この方の作品は、砂丘を舞台に被写体をまるでオブジェのように配置しているのが特徴でそのことを植田調というそうです。
実際にその写真は載っていいませんでしたが、見てみたいなと思いましたね。

77号では、全身の動作テストを行って、ケーブルと画像処理ボードを取り付けます。
以前動作テストでロビの声を聴きましたが、その時依頼だったので忘れていまっしたが、脚がめっちゃブルブル震えているんですよね。
初期の頃は起こるみたいなので、ここでは特に気にしなくていいと書かれていました。
動作チェックなので、説明書に書かれている動作がちゃんと出来ているかの確認なので、後から調整するんでしょうか?
今の段階では分からないです。

【ロビ2 78号】
(ロボットと科学の未来)
林みのるさんとの後編の対談、ここではル・マン参戦の裏事情や自動車作りの魅力についてお話されています。
林さんの子供の頃はプラモデルは作らず、気を削って飛行機を作っていた世代なんです。
今は、キャドの時代で3Dで見れるけどやっぱり粘土(クレイ)を削って作っているそうです。
キャドでは見れない、粘土を削っている時に偶然的なラインの出会いがあるからと書かれていました。
確かに便利な時代になってきた世の中ですが、そういう作り方というか方法はなんか素敵な考え方やなって思いましたね。
3Dプリンタやったら、データを作って、機械があとは作ってくれるけど手作業やったら色んな発見もありそうなやなって思いました。

(にっぽん全国ロビさんぽ)
今回は島根県の松江城にやってきました。
松江開府の祖、堀尾吉晴が1607年から5年にかけて築城したお城で、国宝の一つで唯一の正統天守を持つと言われている松江市のシンボルです。

78号は、右目を固定して、マイクロSDカードボードを取り付けます。

ロビ2 77号・78号2

ようやくここで、宙ぶらりんになっていた右目が固定されました。
まだ頭の蓋は締まってないし、中の配線も完全では無いので、このままフロントカバーを優しくかけて箱の中に直しておこうと思います。

78号の中に入っていましたが、ロビのお手入れセットや完全受注生産でロビの服を買うことが出来るんですよね。
ちょっと買おうか本気で悩んでますw
因みに初代ロビ君にも着せてあげることができますよ♪
いやー、ディアゴスティーニさんめっちゃロビのオプション後から出してくるやんww
2月中旬お届けになっていたロビライドもそのうち来ると思うので、また届いたら開封と制作動画をアップしていこうと思っています。

★今回の製作動画はコチラ★



[編集]
関連記事

アバンテ2011ブラックスペシャルVol.6~説明書14番~説明書16番~

2019/02/10 21:10



RC アバンテ2011ブラックスペシャル、前回の続きから書いてきます。

アバンテ2011ブラックSP説明書14
【説明書14番 ギヤボックスカバーとリヤダンパーステーの取り付け】

ギヤにグリスを塗る時ピニオンギヤに塗っていなかったので、ここで塗り忘れないようにしております。
使うグリスは、ミニ四駆のグリスです。

アバンテ2011BKSP14番

ギヤボックスが出来たら電池を使ってギヤとモーターのならしをしておきます。

アバンテ2011ブラックSP説明書15
【説明書15番リヤスタビライザーの組み立て】

リヤスタビライザーが細いので、折曲がらないように注意して扱います。
リヤダンパーはプラスチックが軟らかいので、ネジ穴を潰さないように気を付けましょう。

アバンテ2011BKSP15番ー1

ネジの隙間がどれだけ空いてるか、ゆっくりドライバーを回して確認しながら締めています。

アバンテ2011BKSP15番ー2

ネジの隙間が無いのに永遠と回るのはネジ穴が潰れている可能性があります。

アバンテ2011ブラックSP説明書16

【説明書16番リヤアームとリヤアクスルの組み立て】

リヤアクスルと書かれていますが、ユニバーシャフトですね。
リヤアームはD1とD2のパーツに文字が浮き上がっているので、分からなくなっても目印があるから分かりやすいです。
リヤアームにシムを入れて調整するように説明書に書かれていますが、私の場合はどちらもシムを2枚入れています。

リヤアクスルは別のラジコンで作ったことがあるので、ここではさらっと作り方を動画で説明しているので、そちらをご覧ください。
イモネジですが、金属部分を止めているので本来はネジロック剤を付けますが、塗りにくいので、AWグリスを付けてネジが勝手に緩まないようにしています。
リヤアクスルを組み立てたら、少し気になる点が・・・。
横に引っ張るとガタガタ言うので、このガタ取りをしていきます。
一旦分解して、シムを入れていきます。
使ったのは、TAMIYA OP-587 φ5mmシムセット(3種類・各10枚)を使いました。
このシムは付属されていないので、もしガタ取りをされる方は別購入する必要があります。
(付属されているφ4mmシムは通らないので、ここのガタ取りには使えません。)
因みに私の場合は、0.3mmのシム1枚、0.2mmのシム1枚でガタを調整できました。

アバンテ2011BKSP16番

ここで注意しないといけないのが、ガタを取りすぎると回らなくなるので、0.1mmくらいの遊び(横に0.1mm動く)があるくらいにしています。
これで16番の完成です。

今回の製作動画はコチラ↓


★今回使用した道具★


[編集]
関連記事


大切なお友達のブログ

マウスを重ねると紹介文が出ます。

★Tom's Moderu ラヂコン記

★プンの マジメ と ゆるゆる の あいだ

★うさの羊毛ハンドメイド

最新動画情報

マイページ人気

 

お買い物は楽天で!

カスタムCSS

プロフィール

  うさぎゆう
ご訪問ありがとうございます♪
うさぎゆうです🐰
ミニ四駆、ラジコン、ドローン、ステッカー、羊毛フェルト、フェイクスイーツetc..
私の趣味をゆるーく書いています📝
YouTubeもやってます☆彡チャンネル登録お願いします💛
【うさぎゆう】検索♪