FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

スピンバイパー  パールブルースペシャル (VSシャーシ)~ボディ塗装~

2017/09/27 08:00



スピンバイパーのシャーシが出来上がったので、今回はボディを塗装します。

スピンバイパー組み立て39


パールブルーのボディですが、全く別の色を塗っていきます。

まずは、ランナーの一部をカットします。

上の写真のように少しランナーを残しておくとこのまま塗装することができます。

スピンバイパー組み立て40


ランナーをカットしたら、凹っとバリが残ったりするので、タミヤのヤスリ800番で削り取ります。

この時、角をとってしまわないようにゆっくり削ります。

スピンバイパー組み立て41


丸い部分を削るときに便利な、こちらを購入しました♪


MrポリッシャーPRO

Mr.Hobby Mr.ポリッシャーPRO

電動で削ってくれるので、めっちゃ便利です!

平らな部分を削るときは手で作業していますが、丸みのある個所はこれを使っています。

全体にやすりをかけれたら、洗剤で洗ってよく乾かします。

スピンバイパー組み立て42


今回は黒のマットに塗装するので、こちらの塗料を使います。

TAMIYA セミグロスブラック TS-29 半つや消し

マットの塗装は初めてなので、仕上がりが楽しみです♪


スピンバイパー組み立て1


3回くらい重ね塗りしたのがコチラ↑

所々気泡ができてしまったので、その部分は1500番のヤスリで削って、残りのランナーを切ります。

ランナーのバリは800番のヤスリで削っておきますよ。

削れたら、再度洗剤で洗って乾かして、塗れていないところを塗装すれば塗装は完成です!

マットの塗装は後から磨いたりしないので、塗装の時にホコリや気泡、キズが入ってしまったら、完全に乾かして削って、洗う、塗装の工程になるので、よく見て塗装しないと、後からの修正が結構大変だったりします。

特に、気泡ができたら、ポコっとした気泡は削れるけど、空気が入っていた部分がどうしてもへこんだままになってしまうので、その後の塗装で綺麗に消すのは、かなり難しいです(;´・ω・)

というわけで、今回の記事はスピンバイパーの塗装でした!

次回、ボディを組み立てていきますよ!


[編集]
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


大切なお友達のブログ

マウスを重ねると紹介文が出ます。

★Tom's Moderu ラヂコン記

★プンの マジメ と ゆるゆる の あいだ

★うさの羊毛ハンドメイド

最新動画情報

マイページ人気

 

お買い物は楽天で!

カスタムCSS

プロフィール

  うさぎゆう
ご訪問ありがとうございます♪
うさぎゆうです🐰
ミニ四駆、ラジコン、ドローン、ステッカー、羊毛フェルト、フェイクスイーツetc..
私の趣味をゆるーく書いています📝
YouTubeもやってます☆彡チャンネル登録お願いします💛
【うさぎゆう】検索♪