FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

RCスーパーホットショット2012~考察&オススメオプション~Vol.1 後編

2018/05/05 17:00



RC スーパーホットショット2012、前回は開封編でしたが今回は考察とオススメオプションについて書いていきますね。

まず用意するものから紹介します。

スーパーホットショット2012 12

サテンシルバー PS48
輝きのある銀にしたいのでサテンシルバーを使います。

スーパーホットショット2012 11

裏打ち用に使う ブラック PS5

スーパーホットショット2012 9

ヘックスネジ
ヘックスネジに変えると締めやすくなり、また見た目の向上、人によっては軽量で使う方もいます。
ネジは物によって2袋購入しないと足りないものもあるので、本数に注意して用意しましょう。

【購入したヘックスネジはコチラ↓】
3×6mm 6本 NSR306
3×8mm 12本 NSR308
3×8mm 皿ビス 4本 SSR308
3×10mm 3本 NSR310
3×10mm フランジ2本 FTR310
3×12mm 26本  NSR312 2セット
3×12mm フランジ2本 FTR312
3×15mm 2本 NSR315
3×20mm 6本 NSR320
3×27mm 5本 NSR327
3×30mm 4本 NTR330


ネジ穴が六角になっているので、2mmのヘックスドライバーを用意しておきます。



次に一番最初につけるオススメのオプションを紹介します。

スーパーホットショット2012 13

ピニオン 17枚 TGE-917 スクエア―
ギヤ比は、7.68でスーパーホットショットは13~17枚つけれるので一番早い17をつけます。
付属の物はアルミを使っているので、すぐに削れて銀の粉がグリスとくっついて汚くなったり、色んな所にまとわりついたり、削れたギヤで、他のギヤを引っかいてしまうので、スチールに交換して摩耗を防ぎます。
特に速いモーターの時は、スチールにピニオンに交換します。


スーパーホットショット2012 5

TRF コンペティションOリング 8個入り 42137
純正の赤の物は、膨張したり、カピカピになったりして、ダンパーの動きが悪くなりスムーズに動かなかったり、オイル漏れがあります。
せっかくのオイルダンパーなので、それを生かすためにTRFのOリングを使います。
これに交換すると見違えるように動きがスムーズになって、オイル漏れもめっちゃましになります。
TRFダンパーは勿論ですが、普通のCVAオイルダンパーも、これに交換しても効果があるので、走るうえでオススメの商品です!

スーパーホットショット2012 8

ネジロック剤 OP1032
金属と金属のネジの止めている部分のゆるみをなくして、外れにくくするものです。
スーパーホットショットを作るにあたって、いくつか塗るように指示があるんですが、別売りになっています。
なので、持っていないからと言っていちごジャムを塗っちゃだめですよw

スーパーホットショット2012 10

ハイトルクサーボセイバー SP1000
純正の物ではハンドルを切った時に、ハンドルが元の位置に正確に戻ってこなくなるので、この部品に交換してしっかり戻ってくるようにします。

スーパーホットショット2012 3

右側のサーボはプラスチックのサーボです。
左側のサーボはメタルのサーボです。

私個人的には、ハイトルクサーボセイバーが必須アイテムなのですが、初めてラジコン走らせるとか、まだラジコンの操作に慣れていないという方は右側のプラスチックのサーボの可能性があります。
ハイトルクサーボセイバーにプラスチックのサーボをつけると、車をぶつけた時にサーボ自体割れてしまう恐れがあります。

スーパーホットショット2012 4

その時は上の写真のような純正のサーボボンをオススメします。

サーボがメタルの場合は、車をぶつけた時にプラスチックのサーボに比べて割れにくいです。
なので、メタルのサーボを使っている方は、ハイトルクサーボセイバーが必須になります。

まとめると、ハイトルクサーボセイバーを使うと車の動きがより正確に動くようになるので操作がかなりしやすくなります。
ただ、プラスチックのサーボにハイトルクサーボセイバーをつけると、車をぶつけた時にサーボが割れやすくなるのが嫌!
という事で、純正のサーボセイバーをつけると、動きが悪くなって操作しにくいのでよりぶつけやすくなる、初心者で運転上手になりたいのに操作が難しくなる・・・これって矛盾してるなって思うんですが。
ただ、純正のサーボセイバーでも改善方法があるので、それは作成中に説明します。


スーパーホットショット2012 7

TLサスシャフトセット OP 301
※後日作成中に分かりましたが、こちらのサスシャフト、スーパーホットショットでは使えなかったです。
スーパーホットショットに付属されている3×32mmスクリュー 6本と3×46mmスクリュー 4本交換するために、上のTLサスシャフトセットを2袋購入します。
これは何で変えるかというと、もともとついているスクリューピンやと左後ろと右前のネジが走行の振動とともに緩んでいくんですよね。
そのゆるみによって外れてしまう恐れがあります。
ネジが外れてしまうと、足まわりの部品がバラバラになって部品を無くしてしまったり、タイヤやラジコン本体を傷つけて壊してしまうかもしれません。
なので、これに交換して外れにくくします。
ただ、デメリットもあってこちらの部品Eリングで止めるので外すときネジみたいに簡単に外れないのでちょっと面倒です。
ですが、私も依頼してきた友人も交換せずにパーツを失くしたり本体に傷がついて壊れるのが嫌なので、交換します。

最後にこちらは売り切れていたので、購入できなかったのですが・・・

スーパーホットショット2012 26

3×32ターンバックル 2本 OP1249
若干青くなるので見た目のドレスアップです。
締めやすくはなりますが、調整とかしないので必要性はこの車にはないと思います。


以上が前編と後編に分けて書いた、スーパーホットショットの内容と一番最初に買ったらいいオプションの紹介です。

今回は何度も言いますが、友人の依頼品で飾るように作るので走行動画は残念ながらありませんので、制作動画だけになります。
が、今回も一つ一つ丁寧に作っていきたいと思うので、良かったら制作の方も見て下さいね♪



今回の開封&考察&オススメオプション動画はコチラ↓




今回記事で紹介したパーツはコチラ↓

[編集]
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


大切なお友達のブログ

マウスを重ねると紹介文が出ます。

★Tom's Moderu ラヂコン記

★プンの マジメ と ゆるゆる の あいだ

★うさの羊毛ハンドメイド

最新動画情報

マイページ人気

 

お買い物は楽天で!

カスタムCSS

プロフィール

  うさぎゆう
ご訪問ありがとうございます♪
うさぎゆうです🐰
ミニ四駆、ラジコン、ドローン、ステッカー、羊毛フェルト、フェイクスイーツetc..
私の趣味をゆるーく書いています📝
YouTubeもやってます☆彡チャンネル登録お願いします💛
【うさぎゆう】検索♪