FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

アバンテ2011ブラックスペシャルVol.6~説明書14番~説明書16番~

2019/02/10 21:10



RC アバンテ2011ブラックスペシャル、前回の続きから書いてきます。

アバンテ2011ブラックSP説明書14
【説明書14番 ギヤボックスカバーとリヤダンパーステーの取り付け】

ギヤにグリスを塗る時ピニオンギヤに塗っていなかったので、ここで塗り忘れないようにしております。
使うグリスは、ミニ四駆のグリスです。

アバンテ2011BKSP14番

ギヤボックスが出来たら電池を使ってギヤとモーターのならしをしておきます。

アバンテ2011ブラックSP説明書15
【説明書15番リヤスタビライザーの組み立て】

リヤスタビライザーが細いので、折曲がらないように注意して扱います。
リヤダンパーはプラスチックが軟らかいので、ネジ穴を潰さないように気を付けましょう。

アバンテ2011BKSP15番ー1

ネジの隙間がどれだけ空いてるか、ゆっくりドライバーを回して確認しながら締めています。

アバンテ2011BKSP15番ー2

ネジの隙間が無いのに永遠と回るのはネジ穴が潰れている可能性があります。

アバンテ2011ブラックSP説明書16

【説明書16番リヤアームとリヤアクスルの組み立て】

リヤアクスルと書かれていますが、ユニバーシャフトですね。
リヤアームはD1とD2のパーツに文字が浮き上がっているので、分からなくなっても目印があるから分かりやすいです。
リヤアームにシムを入れて調整するように説明書に書かれていますが、私の場合はどちらもシムを2枚入れています。

リヤアクスルは別のラジコンで作ったことがあるので、ここではさらっと作り方を動画で説明しているので、そちらをご覧ください。
イモネジですが、金属部分を止めているので本来はネジロック剤を付けますが、塗りにくいので、AWグリスを付けてネジが勝手に緩まないようにしています。
リヤアクスルを組み立てたら、少し気になる点が・・・。
横に引っ張るとガタガタ言うので、このガタ取りをしていきます。
一旦分解して、シムを入れていきます。
使ったのは、TAMIYA OP-587 φ5mmシムセット(3種類・各10枚)を使いました。
このシムは付属されていないので、もしガタ取りをされる方は別購入する必要があります。
(付属されているφ4mmシムは通らないので、ここのガタ取りには使えません。)
因みに私の場合は、0.3mmのシム1枚、0.2mmのシム1枚でガタを調整できました。

アバンテ2011BKSP16番

ここで注意しないといけないのが、ガタを取りすぎると回らなくなるので、0.1mmくらいの遊び(横に0.1mm動く)があるくらいにしています。
これで16番の完成です。

今回の製作動画はコチラ↓


★今回使用した道具★


[編集]
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


大切なお友達のブログ

マウスを重ねると紹介文が出ます。

★Tom's Moderu ラヂコン記

★プンの マジメ と ゆるゆる の あいだ

★うさの羊毛ハンドメイド

最新動画情報

マイページ人気

 

お買い物は楽天で!

カスタムCSS

プロフィール

  うさぎゆう
ご訪問ありがとうございます♪
うさぎゆうです🐰
ミニ四駆、ラジコン、ドローン、ステッカー、羊毛フェルト、フェイクスイーツetc..
私の趣味をゆるーく書いています📝
YouTubeもやってます☆彡チャンネル登録お願いします💛
【うさぎゆう】検索♪