FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

週刊ロビ2~ロビライドの詳細が明らかに!?~56号・57号

2018/07/29 22:22



今回のロビ2は、56号と57号が届きました。

ロビ2 56号・57号1

ロビ2 56号
【ロビさんぽ】
兵庫県 太陽公園にロビとキューボが訪れました。
ここは一日で世界を一周できちゃうんです!?
お城とかもあるので、今はやりのインスタ映えしますね♪
一度行ってみたいところですね(*´∀`人 ♪

【ロビライド 最終回】
完全受注生産のロビライドの詳細がまた新たに分かりました!
今回で最終回!ロビライドはどうして倒れないの?とずっと疑問に思っていましたが、ジャイロセンサーとエンコーダーがついているので、倒れないようになっています。
ロビライドの速度やロビに上手にロビライドを乗ってもらう方法や、走らせるときの注意点などが公開されていました。

今回の製作は「右ボディとマフラーを組み合わせて、絵本スタンドのマストを取り付ける」です。

ロビ2 56号・57号3

いきなり問題発生ww
上の写真、スイッチのパーツがちゃんと収まらないんです。
左右どちらも長いみたいで無理やり押し込んで入れると折れそうなので、リューターで削りました。

ロビ2 56号・57号4

かなり削ったのがコチラです↑
ただ、この上からスイッチカバー(プラスチック)を置いてネジで締めるんですが少し浮くんですよ。
しかもきつく締めるとパーツが割れる恐れがあるので、ちょっとここのパーツこれで大丈夫かな・・・と心配です。


ロビ2 56号・57号2


ロビ2 57号
【ロボットと科学】
巨大ロボットの製作と対戦への思い 鍛冶師、造形作家として鉄を素材にした作品を作っている倉田光吾郎さんと高橋さんの対談です。
4mの巨大ロボットクラストを一人で作られた方なんです!?
クラスタの重量は5tで人が乗って操縦することが出来ます。
まるで映画の世界のようですよね♪なんだか憧れますw
ロビは34cmの大きさですが50cmくらいのロボットになると転んだら机はへこむし、首が取れてしまうし、関節に手を挟むとケガをしてしまったりという事があるので、なるべく小さく作ろうと考えられていたようです。

【ロビ事典】
ロビはヒト型ロボットです。ここではロボットが二足歩行する仕組みやロビで採用されている、SHIN-Walk中腰になって歩くのではなく、脚を伸ばして自然な姿であるくことが出来るものなのですが、紹介されています。

【ロビさんぽ】
福島県 語りと方言の会に訪れたロビとキューボ。
民話や方言を聞いているロビとキューボが描かれていました。

【特別付録】
Robi English Bookがついていました。
キューボに読み取らせると英単語や英文を読んでくれます。
日本語と英語、イラストが描かれているのでネイティブな発音も聴けるので、お子さんの英語の勉強にもすごくいいなと思いました!
キューボで出来ることが新たに増えたのでワクワクしますね!

今回の製作は、絵本スタンドの後ろのパネルを取り付けます。


ロビ2 56号・57号5

完成したのがコチラ↑

今回の製作風景などはコチラの動画をご覧ください↓








[編集]
関連記事

週刊ロビ2~ロビライドの詳細が明らかに!?~54号・55号

2018/07/16 15:44



今回の週刊ロビ2は54号・55号です!

ロビ2 54号・55号 1

まずは54号から見ていきます。

【ロビ・メカニズム事典】
ロビとキューボのやり取りにはブルートゥースが採用されており、今回はBluetoothがどんなところに使われているのか、同じく無線で通信する規格のWi-Fiと何が違うのか、特徴や使い方が書かれています。

最近、Bluetoothのイヤホンとかマウス、キーボードなどいろんなところで使われていますよね。
私も今例に挙げたものを使っていますが、共通して言えることは線が無いので、絡まったりしないので、愛用しています。
特にイヤホンは線が絡まるとなかなか外せなかったりするので、結構イラっときますw

因みに、Bluetoothを使うときは普通ペアリングをしないと使えませんが、ロビとキューボは特別なプロトコル(規約)を採用しているので、接続しなくても使えるそうです。

【ロボットデザインの裏側】
シンプルながらキャラクターが際立つ「タチコマ」などをデザインされた寺岡賢司さんのお話が書かれていました。

【ロビさんぽ】
今回訪れたのは、熊本県の鍋ケ滝。
森林浴とかたまーに行きたいなって思うんですよね。
この鍋ケ滝ではライトアップされる期間があるんですが、その姿はとても神秘的!
九州の方にはまだ訪れたことがないので、ぜひ行ってみたいところですね。

ロビ2 54号・55号 3

今回の組み立ては、胸にスピーカーを取り付ける作業です。

ロビ2 54号・55号 4

最初はノーマルで組み立てて後から色を変えようと思っていましたが、早速水色の胸のマーク・・・ではなくイエローにカスタムパーツを変更しています。

足や耳はまだ変えていませんが、徐々に変えていこうかなと思っています。

ロビ2 54号・55号 2

続いて55号を見ていきます。

【ロビさんぽ】
55号からキューボがロビさんぽに参戦!
2人が訪れた場所は岩手県。
ロビがわんこそばを食べていてその姿をキューボが応援しています。
100杯もわんこそばを食べたんだって!?
因みに「わんこそば」の「わんこ」は犬🐶ではなくお椀という岩手県の方言なんだって。

【ロビメカニズム】
マイコンボード、52号で取り付けたパーツですが、ロビをコントロールする頭脳です。
頭脳なので、頭に取り付けるのかな?と思いますが、ロビの胸のところについています。
ここでは、マイコンの説明やマイコンとパソコンの違いやマイコンの役割が書かれています。

【ロビライド】
気になっているロビライドの詳細がまた新たに分かってきました。
ロビライドのグリップにはマグネットが入っているので、ロビの手をマグネット入りの専用の手に取り替えてしっかりグリップを握らせることが出来ます。
他にもロビライドのタイヤが2個しかないのにどうして倒れないのかという仕組みについてや操作方法が書かれています。

ロビ2 54号・55号 5

55号では、マフラーにサーボモーターを取り付けて絵本スタンドの右側を組み立てました。

今回の制作動画はコチラ↓



[編集]
関連記事

週刊ロビ2~ロビの上半身部分の制作に入りました!~52号・53号

2018/07/05 00:12



今回の週刊ロビ2は52号と53号が届きました!
では、早速一つずつ開封して作っていきますね。


ロビ2 52・53 2

【52号】
ロボットと科学の未来
自動運転やロボット分野でディープラーニングを活用!西川徹さんとの対談 前編が書かれています。
最近我が家にもスマートスピーカーが来ましたが、エアコンを消したり、電気を消したりもエコーにやってもらったりしています。
アメリカではスマートスピーカーが売れているらしいですが、日本では苦戦しているようなんですね。
実際にエコーを使って思いますが、コズモやアイボみたいに普段コミュニケーションをとる時は、キャラクター性があるというか、人のように表情や動きがあって、天気予報とかは、液晶が普段コズモみたいに顔が表示されているけど、天気の晴マークに変わるとかだったら、とても面白いんじゃないかなって思います。

ロボットデザインの裏側
線を減らしてふっきれたデザインのライジンオーなどをデザインされている、やまだたかひろさんについて書かれています。
今35~36歳くらいの方は懐かしい!と思うのではないでしょうか。
私はまだ生まれて意識がないころなので知らないです・・・。

ロビさんぽ
兵庫県 神戸南京町です。
日本三大チャイナタウンの1つに数えられているんですよね。
龍舞とか獅子舞とか一年を通して多彩なイベントを楽しむことが出来ます。

ロビ2 52・53 1

52号の制作は、マイコンボードを取り付けます。

ロビ2 52・53 3

これが完成した写真です。


続いて53号を作ります。

ロビ2 52・53 5

ロボットと科学の未来
ソフトウェアとハードウェアの融合で世界に立ち向かう西川徹さんとの対談 後編が書かれています。
昔はデータを保存するのに今の携帯、iPhoneやアンドロイドに入っている写真1枚入らない容量の中でプログラムを組まないといけなかったのが、今どんどん進化していってる時代の流れ、歴史が書かれています。
高橋さんはロビにカメラを付けて人と対話できるプログラムを組んだり、キューボではドットというコードを読み取り部分に読ませてキューボが英語や日本語で喋るプログラムなどを組みました。
西川さんもディープラーニングを導入してロボットを開発されました。
今CMでお馴染みのエコーとロビを組み合わせたら、救急車を呼んでくれたり、人の表情を読み取って会話が出来たり、おはようと声をかけると、TVを付けて、トーストを焼いてくれて、出来たトーストをロビライドに乗ってロビが運んできてくれる時代もやってくるんじゃないかなと思います。
1人1台のロボットがある未来もやってくるのではないでしょうか。
今の私はロボットに対して自分の知識をプラスして何かを開発は出来ないですが、だからこそ、ロボットにプラスして何かを生み出す、開発することは大変すばらしく自分も見習わないといけないなと改めて考えさせられる対談でした。

ロビさんぽ
茨城県 小目沼橋です。
茨城県つくばみらい市にある小貝川両岸の村を結ぶために作られた木製の橋です。
シーズンになると釣りをされる方や、趣のある風景は映画やドラマに使われるそうです。

53号の制作は、首(下)サーボモータのテストを行い、ID番号を書き込みます。


ロビ2 52・53 4

保管していたパーツをいくつか使っています。

ロビ2 52・53 6

サーボモーターも、残すところ後少しになってきましたよ!

今回の制作風景はコチラの動画をご覧ください。





[編集]
関連記事

週刊ロビ2~キューボ完成!~50号・51号

2018/06/10 20:53



今回も始まりました!
週刊ロビ2、今回は50号と51号が届きましたよ♪

ロビ2 50号・51号1

早速中身の冊子などから見ていきましょう。


【50号】
にっぽん ロビさんぽでは、ピンクと白が可愛い♡!栃木県 岩下の新生姜ミュージアムにロビがやってきました!
ジンジャー神社・・・ダジャレみたいですが、ピンクと白が基調の神社なんですよね!
なんだかインスタバエしそうな神社ですw
生姜のご利益は生姜の効果え夫婦や恋人の仲もポカポカアツアツに♡
神社には狛犬・・・ではなく、イワシカ(IWASIKA)しかもこの鹿白とピンクのカラーなんです。
個人的には夢カワ(ゆめかわいい)な感じがしますね(*’U`*)


ロボットデザインの裏側は、美しくなまめかしい表現のセクシーロボットや初代AIBOのデザイナーでもある空山さんのお話が書かれていました。セクシーロボットの誕生についてや、初代アイボのイラストもここに描かれています。
アイボは開発当時、技術的な制約もあったそうで、デザインの変更もあった事などが詳しく書かれています。

50号の制作ですが、キューボを完成させて、前の号で付属していたドットコードを読み取らせますよ!

ロビ2 50号・51号2

というわけで、完成しました♪

電源を入れると、初期起動のみのセリフを聞くことが出来ます。
何だか可愛いですね(*σ´Д`*)
キューボが動く姿を見るとますます早くロビ2が動いてくれないかなと思います。
少し心配していましたが、無事にキューボが動いてくれたので、一安心ですww


続いて、51号を見ていきます。

ロビさんぽは、群馬県の富岡製糸場にロビが訪れていましたよ。
シルクを羽織ってロビが工場を案内している姿や、すごくふわふわな絹綿に頬擦りしているキューとなロビの姿もありました♡
おやつには蚕?!・・・と一瞬目を疑いましたが蚕型のチョコレートが出てきましたw
葉っぱの上に乗った蚕型のチョコレート・・・かなり見た目はリアルだったので、ロビは絶句していたようですね(苦笑)

51号に入っていたお知らせで、ついにロビライド(セグウェイ)が登場します!

_RK27150.jpg


完全受注生産なので、これを逃すともう手に入らないようです。
締め切りは8月10日まで。
組み立ては自分で行うのですが、ロビ2が完成してからの組み立てになるので、購入しようかなと思っています。
因みに初代ロビにも対応していますよ。

というわけで、51号はマフラーにネックフレームを取り付ける工程になるので、ロビ2の制作に新展開ですね!

ロビ2 50号・51号3

これから分解したり取り付けたりと保管しておくパーツなどが増えそうなので、きちんとパーツに名前を書いておかないと分からなくなりそうです💦


今回の制作過程はコチラの動画で↓








【ロビ2の購入はコチラ↓】
[編集]
関連記事

週刊ロビ2~キューボ完成間近!~48号・49号

2018/05/23 02:00



週刊ロビ2、今回は48号と49号が届きました!

ロビ2 48号・49号 1

今回は48号の特別付録でロビの絵本がついていました!

では早速それぞれ開封して制作してきますね♪


【ロビ2 48号】
制作内容:絵本スタンドを組み立て始める

ロビメカニズム事典:Q-boでタッチして読み取る「見えないドットコード1」
キューボは足元の円柱部分にドットコードリーダーというドットコードを読み取る専用スキャナーが搭載されています。
このドットコードを読み取ることでその内容について話したり、ロビに情報を伝えています。
このドットコードは今回の特別付録「ロビのぼうけん」の絵本にも印刷されていて順次提供されるオリジナル絵本や英会話教材などに印刷されてるそうです。
付属していた絵本には日本語と英語が描かれていて、目で見る限り、ドットコードリーダーがどこに書かれているのかわからないです。
で、ここでは、ドットコードがどうやって印刷されたり、キューボが読み取ったりしてるのかが書かれています。

ロボットデザインの裏側:戦わないロボット「平和の方程式」樋口雄一さんのお話が書かれています。
樋口さんは大ヒットのオリジナル・トイ・シリーズ「ミクロマン」に携わったり、伝説巨神イデオンなどロボットデザインでも有名な方なんですよ。
この世界に入られたきっかけやデザインについて書かれています。
中国から依頼されて2017年に販売されたコロンという可愛い女の子のロボットをデザインされたとき、あくまでもデザイン重視でサーボモーターは後から新しく開発されたそうです。
デザインするうえで、どうしても中身の構造上妥協しないといけない点ってあると思うんですよね。
でも、それが無くデザインに合わせて中も開発されたという事に驚きました。

にっぽん全国:ロビさんぽ
群馬県の高崎だるまです。
高崎だるまは、まゆげが鶴、鼻から口ひげがカメが描かれているんですが、そのことから「縁起だるま」や「福だるま」とも言われていますよ。

ロビ2 48号・49号 2

48号の付属パーツを組み立てます。

ロビ2 48号・49号 3

組み立てたのがコチラです↑
左のカバーを作っているので、恐らく右も出てくるはず・・・ww


【ロビ2 49号】
制作内容:Q-boの内部を組み立てる

ロビ・メカニズム事典:Q-boでタッチして読み取る「見えないドットコード2」
49号ではドットサイズ直径が約0.05mmという非常に小さな点なんですけど、この小さいドットコードにどうやって情報を持たせているのかが書かれています。

にっぽんロビさんぽ:宮城県 南三陸さんさん商店街
サンサンと輝く太陽のように笑顔とパワーに満ちた南三陸の商店街にしたいとのコンセプトのもと仮設商店街としてオープンしていたんですが、東日本大震災から6年を経た2017年3月3日に
本設オープンされたそうです。
ここでは町の名物モアイ像🗿とオクトパス君🐙がロビと一緒に写真に写っています。

ロビ2 48号・49号 4

49号の付属パーツです。

ロビ2 48号・49号 5

ほぼキューボが完成してきました!
キューボは全部で5号で完成するので、次回が最後です♪

早くキューボに会いたいですね!

今回の動画はコチラ↓





[編集]
関連記事


大切なお友達のブログ

マウスを重ねると紹介文が出ます。

★Tom's Moderu ラヂコン記

★プンの マジメ と ゆるゆる の あいだ

★うさの羊毛ハンドメイド

最新動画情報

マイページ人気

 

お買い物は楽天で!

カスタムCSS

プロフィール

  うさぎゆう
ご訪問ありがとうございます♪
うさぎゆうです🐰
ミニ四駆、ラジコン、ドローン、ステッカー、羊毛フェルト、フェイクスイーツetc..
私の趣味をゆるーく書いています📝
YouTubeもやってます☆彡チャンネル登録お願いします💛
【うさぎゆう】検索♪