FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

閉じる

Entries

DJI スパーク用ポータブル充電ステーション【持ち運び便利♪】

2018/10/11 08:00



スパークの充電器を購入しました!

スパーク専用充電器8

スパークのポータブル充電ステーションです。

スパークの充電器は持っているんですが、バッテリーを本体から取り外して充電するタイプなんですよね。
でもこのポータブル充電ステーションは、モバイルバッテリーみたいに持ち出すことが出来て、バッテリーの充電が出来る充電ステーションで、なんと本体ごとセット出来て尚かつバッテリーを合計3本同時にセットできるんです。

バッテリー最初1個しか持っていない方は、バッテリー2個ついているのでお得です。
これなら旅行の持ち運びにも便利やし、しかも充電も出来るってかなり嬉しい商品ですよね。

では早速開けていきたいと思います。

スパーク専用充電器5

・ポータブル充電ステーション×1個
・バッテリー×2個


スパーク専用充電器6

・日本語付き説明書

スパーク専用充電器7

・電源ケーブル×1個

主な仕様と商品の簡単な説明ですが・・・・
対応バッテリー:sparkバッテリーチャージャー
出力USBポート:5V、2A(合計)
容量:5000mAh、54Wh
→本体の容量が5000mAhで、バッテリーの充電容量が1480mAhです。
なので3回分ですが、基本的に充電残量が30%くらいで着陸させるので、実際は4~5回分くらいはバッテリー充電できると思います。
もともとバッテリーが3つあって4~5回充電できるんやったら約8回フライトさせる事が出来るのでより多くフライトを楽しむことが出来ます。

重さ:680g
入力電圧:13.05V
入力電流:4A

気になる充電時間ですが・・・
【外部電源に接続した場合】
ステーションのみだと約1時間35分
ステーション、バッテリー3つだと約3時間

【外部電源に接続なし】
バッテリー3つで約2時間30分充電することが出来ます。

これは空っぽの場合なので、体感としてはもう少し早いと思います。
因みに半日琵琶湖で飛ばした時、5回フライトさせたので、ポータブルステーションを購入すれば1日十分に遊べると思います。

では実際に充電してみたいと思います。



充電方法は動画でも説明しています。
【使用方法】

スパーク専用充電器1

側面にあるポータブル充電ステーション上の固定ボードを開きます。

スパーク専用充電器4


②バッテリーをバッテリースロット内にセットした後、前方にスライドさせてしっかりと固定します。
この時バッテリーがしっかり取り付けれていることを確認します。

③バッテリー搭載済みのスパークをセットします。
中央のスロット内の充電接点は、機体に搭載されているバッテリーに対する充電のみに対応しているので、ご注意ください。

④固定ボードを閉じて、下に押してしっかりロックします。
この時、機体上のプロペラは固定ボード内側に折りたたんで収納することが出来ます。

⑤充電器を接続すると機体とバッテリーの充電が開始されます。

⑥充電時、ポータブル充電ステーションは、まずスパーク上に搭載されているバッテリーに対する充電を優先して行って、その後バッテリー残量に応じて残りの2つのバッテリーへの充電が行われます。
また、充電中はポータブル充電ステーション本体の充電も同時に行われます。
更にポータブル充電ステーション下部のUSBポートを使ってモバイルバッテリーの充電を行う事も可能です。

⑦電源が入った状態の機体のままバッテリーを既に電源が入っている状態のポータブル充電ステーション上にセットした場合、機体の電源は自動で切れます。

スパーク専用充電器3


⑧ポータブル充電ステーション上の3つのバッテリーインジゲーターLEDは、それぞれ対応するバッテリースロット上のバッテリーの充電状態を表示しています。
緑に点滅:充電中
緑に点灯:充電完了
赤に点灯:待機中
黄に点灯:充電スタンバイ状態

※スリープ状態のバッテリーを充電する場合、バッテリーセット後すぐに充電が開始されず、、一定時間経過後にスリープモードが解除された後に充電されます。

⑨ポータブル充電ステーション本体のバッテリーが一定の電量まで充電されている場合、モバイルバッテリーとして機体又は、バッテリー等への充電を行うことが出来、モバイルバッテリーとして使用する場合は、電源ボタンを1回押した後に、再度長押ししてポータブル充電ステーションの電源を入れる必要があります。

※モバイルバッテリーとして使っている時、ポータブル充電ステーション本体のバッテリー残量が5%以下になった場合充電が停止し、自動で電源が切れます。
またセットされているバッテリーの充電が既に完了してる、または充電スタンバイ状態が30秒以上継続した場合、ポータブル充電ステーションの電源は自動で切れます。
充電を停止する必要がある場合は、電源ボタンを1回押した後に、長押ししてポータブル充電の電源を手動で切ります。

実際に充電してみた感想ですが、スパークがフライトしてる間は予備のバッテリー充電が充電されているし、寝る前にセットしたら差し替えずにそのまま充電可能で、しかも持ち運び中にも充電出来るので、かなり便利やしオススメですね。


[編集]
関連記事

初飛行!H216Aと比較!Hubusan X4 Air Pro 501Aは期待以上の飛び方!

2018/10/08 07:00



今回はHubsan X4 Air Pro 501A アドバンスバージョンを初飛行&H2016Aと比較してみました。

Hubsan H501AとH216A比較1

動画はコチラです↓


動画の中でも説明していますが、今回はコチラを検証してきました。

①離陸とホバリングをさせてどれくらい安定するか見ています。
外でのフライトなので風の量が変わるから一定ではないけど、H501Aはかなり安定してホバリングしています。
H216Aは軽い分時々風に流されています。

②リターントゥーホームをしてどれくらいの精度で帰って来るのか検証してみました。
どちらも優秀でよっぽどの風の影響を受けない限り1m以内で帰ってきます。

③ボタンについてですがWi-Fiの時にボタンが操作できるのか試してきました。
結果全て効いていました。
開封記事の時にさらっと触れた、MIXボタン。斜度が調整出来るのでスピードを速くしたり遅くしたりできます。

Hubsan H501A後編2


速度をスクショで撮影してきました。

Hubsan H501AとH216A比較2

MIX:0の状態です。
画面上のバーにSpeed0.0m/sとなっています。

Hubsan H501AとH216A比較4

MIX:1の状態です。
画面上のバーにSpeed3.1m/sとなっています。

Hubsan H501AとH216A比較3

MIX:2の状態です。
画面上のバーにSpeed4.7m/sとなっています。

これらのスピードの数値より体感で感じる速度は、速く飛んでいるような気がしました。

④H501AとH216Aの機体内蔵カメラ映像の比較をしています。
今回は大阪と和歌山で飛ばしてきました。
大阪は午後に撮影したので、日も落ちてきて天候も良くないのですが一応こんな感じで撮れています。
和歌山では夕方撮影しました。

Hubsan H501AとH216A比較6

上の写真は和歌山の夕日をH501Aで撮影した写真です。

フルHD 1080pでどちらも撮影しているので、同じだと思っていましたが・・・

Hubsan H501AとH216A比較5

プロパティを見てみると、赤線部分が異なりました。
【H501A】
総ビットレート:15729kbps
フレーム率:30.00フレーム/秒

【H2016A】
総ビットレート:11975kbps
フレーム率:25.00フレーム/秒

機体の重さによる安定度が違うので、フラつき方も違っています。
結果的にH501Aの方が、綺麗に見えますね。

⑤最後はH501Aの安定した手動着陸です。
着陸する時、H216Aはバウンドしたり、風の影響でランディングパッドの上に止めるのはまあまあ難しいですが、H501Aは今の所ランディングパッドの外に出たことはありません。
なのでH216Aに比べると着陸させやすいです。

今回2機種比較してみて、私個人的は感想を言うと、H501AとH216Aは航空法があるか否かで分かれますが、飛ばせる場所があるならH501Aの方がお勧めです。
H216Aは200g以下だからと言って気軽に近くの公園や駐車場では飛ばしたりできないです。
公園には子供が遊んでいたり、駐車場では車の出入りやなどがあるので危険です。
結局飛ばせる場所を探すとなると、広くて安全な場所で大きい機体を飛ばせられるところになるので、どちらかと言えば安定度の高いH501Aの方が安心して飛ばせられるので初心者の方も飛ばしやすいのではないかと思います。

バッテリーに関して40%になると近くで着陸してくださいとアラーム通知が来ます。
その時点で10分くらい飛んでるので、安全圏内で自分の所で着陸させるのであれば、12~13分の飛行時間だと思います。
わたしも追加でバッテリー2個購入したので合計3本持ってフライトさせています。
なので、バッテリーの予備を持っていくことをオススメします。

今回の比較フライト動画、参考にして頂けると嬉しいです。


[編集]
関連記事

Hubsan H501A X4 Air Pro アドバンスバージョン~開封&Review~【後編】

2018/10/07 22:30



Hubsan H501A X4 Air Pro アドバンスバージョン、後編の記事ですが、今回は送信機の説明をします。

Hubsan H501A後編1

横から見るとこんな感じです。
携帯を挟むところは上下に起こしたり倒したりして動かすことが出来ます。
挟み具合もしっかりしているので、ちゃんと携帯をキャッチしてくれます。

モード2での操作方法を説明しますね。

Hubsan H501A後編2

①左スティック
↑上昇 ↓下降 ←左旋回 →右旋回

②右スティック
↑前 ↓後ろ ←左 →右

③DIR(デュアルレート)
このボタンは使用しません。

④MIX(ミックス)
斜度の調節が出来ます。
0、1、2の3段階でスピードを変えることが出来ます。
詳しくは後日記事で書きます。

⑤ひもを通して首に送信機を吊るすことが出来ます。

⑥BIND(バインド)
機体同士をつなぐボタンでWi-Fiの時は必要ありません。

⑦LED
これは機体の足についているLEDのON/OFFボタンです。

Hubsan H501A 12

↑この青のLEDと赤のLEDを付けたり消したりできます。

⑧POWER
電源のON/OFFボタンです。

⑨ORBITING(オービット)
指定した自分の周りを旋回しながら撮影することが出来ます。

⑩FOLLOW(フォロー)
自分を認識してドローンが撮影しながら追尾してくれます。

Hubsan H501A後編3

⑪HD
ビデオ撮影が出来ます。

⑫リターントゥーホーム
飛ばした場所に帰ってきます。

⑬ダイヤル
これは使用しません。

⑭アンテナを取り付ける場所です。

Hubsan H501A後編4

⑮ヘッドレスモード
初心者にありがちな、向いている方向が分からなくなって、左右前後を間違えて操作してしまうことがないように、常に右は右に動いてくれます。

⑯カメラ
写真を撮影できます。

⑰ダイヤル
これは使用しません。

以上が送信機の説明です。


Hubsan H501A X4 Air Pro アドバンスバージョンですが、機体が重くて大きいので、H216Aと比べて安定度が増すのではないかなと思います。
次回H216Aと比較した動画を撮影してこようと思っています。
先日最大風速5.4mでもしっかりH216Aが飛んでくれたので、それを上回ると思うとワクワクします。
Hubsanドローンの癖がでてくれば、機体の飛ばしやすさはマイルドなので、飛ばしやすいだろうなト思います。

一番楽しみにしているのが付属の送信機です。
この送信機を使える機種は下記です。
H501S、H502S、H502E、H501A、H501M、H216A、H507A
この中にH2016Aがあります。
Wi-Fi接続すると500m飛ばすことが出来ます。
更にこのプロポの中にWi-Fiリピーターが内蔵されています。
以前の送信機だと50m~60mしか距離が飛ばないし、その付近の遅延が凄く起きていました。
Wi-Fiプラスという電波を良くする機械を使うと120m~130m飛びましたが、Wi-Fiプラスの機械やモバイルバッテリーを繋いだり手間がかかるんですよね。
なので、この送信機を使うとさらに長距離飛行も可能になり、遅延も起こりにくいし、色々繋ぐ手間もなくなり手軽に飛ばすことが出来るので、楽しみです。
後、アンテナも交換出来るので、アンテナに詳しい方はより良いアンテナを付けることが可能になっています。

次回は実際に飛んでいる姿を撮影してきたいと思います。




[編集]
関連記事

Mavic 2 PRO~初フライト

2018/10/02 21:10



今回は滋賀県の琵琶湖にMavic2 Proを飛ばしてきました!

Mavic2PRO初フライト

先に感想からお話しすると、スパークに比べて画質、スピード、安定が格段に上がっていました。
それに加えて音が静かになっていました。

今回の動画では、ずっと試してみたかったアステロイド、ドロニーをやっています。
初めてのフライトという事で好奇心や恐怖が入り混じっていて、設定などを見ることが出来なかったので、そこはおいおい見ていこうと思っています。
送信機のボタンも増えているので、まだ何をさせていいか分からず・・・
なので、今回の初フライトは皆さんが思っているような素敵な撮影・・・ではなくこんな感じで飛びますよーみたいな動画ですw

2Kと4Kで撮影しているのですが、動画編集するので、FHDになりますが、実際の映像はかなり綺麗でした。

開封動画でリコー シータ(360度カメラ)を載せて空撮したいと言っていましたが、ドローンの上につけるので、風の抵抗を受けやすくなったり危険なフライトになるかもしれないので、すぐに挑戦は考えていません。
それに、危険なフライトは私自身やはりしたくないので、 まずはMavic2Proが持っている自動撮影などからチャレンジしていこうと思っています。

では、実際に撮影してきた動画をご覧ください。





[編集]
関連記事

Hubsan H501A X4 Air Pro アドバンスバージョン~開封&Review~【中編】

2018/09/28 08:00



今回は前回に引き続き、Hubsan H501Aの充電方法から説明しますね。

Hubsan H501A 6

送信機の中には、このような状態でバッテリーが入っています。

Hubsan H501A 7

上の写真のように赤のコードを送信機に刺すと使うことができます。
開封時は半分しか充電がないので、まずは充電してくださいね。
充電する場合は、白のコードを刺して充電します。

Hubsan H501A 8

これがバランスチャージャーです。

Hubsan H501A 9

本体のバッテリーを刺して充電しているところです。
充電中はこのように赤いランプが付いています。

Hubsan H501A 10

充電が終わると緑色のLEDが光ります。
これで準備完了です。

では、飛ばす前の準備をしていきます。
日本語説明書にも書かれていますが、私の動画でも説明しています。



まずは、送信機のバッテリーを本体に刺します。
次にアンテナをつけておきます。

Hubsan H501A 5

Hubsanのアプリをダウンロードしておきます。
Googleプレイ又はAppleストアでDLできますよ。

Hubsan H501A 13

アプリを開いたら位置情報を許可します。
今後このメッセージを表示しないにcheckして受け入れをタッチします。

Hubsan H501A 18

ハブサンのH501A X4 AIR PROが表示されたら、送信機の電源を長押ししてピっと音が鳴ったらOKです。

Hubsan H501A 21

携帯の設定でWi-FiをHubsan にします。
HUBSAN_HT011A_シリアル番号に繋げるとパスワードを聞かれます。
PASS:12345678

Hubsan H501A 22

これでハブサンのWi-Fiになりました。これで送信機と携帯が繋がった状態になっています。
ハブサンのアプリを立ち上げます。

Hubsan H501A 23

Enter Deviceをタッチします。

Hubsan H501A 24

Enter Main Interfaceをタッチします。

Hubsan H501A 25
Hubsan H501A 26
Hubsan H501A 27
Hubsan H501A 28

初めての時だけ、このガイドが表示されますので、読んでください。
スライドさせて最後のページでエンターをタッチします。

Hubsan H501A 29

位置情報を許可します。
この状態で本体のバッテリーを繋ぐと自動で電源が入ります。音が鳴ったらアプリの歯車マーク(設定)をタッチます。

Hubsan H501A 33

レピーターを押すと、リピーター名が表示されています。
そこにHT011Aと書かれていたらOKです。
この時クワッドコプターと中継への接続を設定するをタッチして・・・

Hubsan H501A 35

H501A_シリアル番号が出てくるので、タッチして接続を押します。

Hubsan H501A 37

カメラが今撮影している映像が表示されたらOKです。

Hubsan H501A 38

Wi-Fiか2.4か送信機のLEDが交互に光っていましたが、Wi-Fiだけのランプに変わりました。

Hubsan H501A 39

設定の歯車マークを押すと真ん中に表示されていた画面が消えます。

いざフライトする前に、確認しておくところがあります。

Hubsan H501A 41

歯車マークを押してコントローラーを押すとジョイスティックモードを確認することができます。
自分の飛ばしやすいモードになっているか必ず確認しておいてください。
モード1とモード2では操作方法が異なるので、間違て操作すると大変危険です。

Hubsan H501A 43

もし部屋の中でテストするときは機体の羽をつけずにGPS信号が良好なときのみ離陸できますをいいえに設定しておきます。
再び歯車マークをタッチして画面を戻しておきます。

Hubsan H501A 44

現在のデバイスにクアッドをバインドするが出たら確認を押します。

Hubsan H501A 45

GPSの制度テストでNext stepをタッチします。

Hubsan H501A 47

GPSは部屋の中ではないので失敗します、外なら成功しますが。
なので、気にせず確認をタッチします。

これで飛ばせる準備ができました。
この後、機体を回してくださいとキャリブレーションするように何度も画面上に表示されて、やってもやっても出てくるので、いったんアプリだけを終了してもう一度アプリを立ち上げるとカメラの映像が戻ってきたらそのまま飛ばせます。

次回、後編に続きます。



[編集]
関連記事


大切なお友達のブログ

マウスを重ねると紹介文が出ます。

★Tom's Moderu ラヂコン記

★プンの マジメ と ゆるゆる の あいだ

★うさの羊毛ハンドメイド

最新動画情報

マイページ人気

 

お買い物は楽天で!

カスタムCSS

プロフィール

  うさぎゆう
ご訪問ありがとうございます♪
うさぎゆうです🐰
ミニ四駆、ラジコン、ドローン、ステッカー、羊毛フェルト、フェイクスイーツetc..
私の趣味をゆるーく書いています📝
YouTubeもやってます☆彡チャンネル登録お願いします💛
【うさぎゆう】検索♪